ほとんどの家庭の冷蔵庫に入っているであろう“卵”。卵は本来冷凍には適していない食材として知られています。
なぜなら、白身は解凍すれば元に戻るのですが、黄身は中の水分が抜けて、たんぱく質どうしが結びつき解凍しても元の状態には戻らず、ようかんのような弾力のある食感になってしまうからです。

そんな冷凍卵ですが、今その弾力のある食感がブームになっています。

水分が抜けるために味が濃く、半固形になっているので食感もまろやかで、この食感に病みつきになる人が今続出しているというわけです。

殻を剥いた冷凍卵

http://by-s.me/article/75814264735397294

この冷凍卵には食感以外にとても大きなメリットがあります。

それは、卵料理の幅が格段に広がるということです。
冷凍していない状態だと卵黄はすぐに破けてしまいますが、冷凍卵は破れないので衣をつけてそのまま揚げたり、お肉で丸ごと包んだりすることが可能です。

また、冷凍の過程で表面の膜に隙間が空いているので卵黄の醤油漬けなどもわずか20分ほどでつくることができます。

つまり、単に食感だけでなくこれまで半液状だった卵にはできない料理ができるということです。

また、当然ですが、冷凍していると鮮度を保つことができるので使わない量の卵は冷凍庫にしまっておいて使いたいときに解凍するという使い方もあります。
なお、冷凍する際は、冷凍過程で殻がひび割れてしまうので密閉できるようなジップロックや、タッパに入れて冷凍することをお勧めします!

ヒビの入った冷凍卵

http://news.livedoor.com/article/detail/10336145/

では、ここで冷凍卵を利用した料理をいくつかご紹介しましょう。

これこそ王道!冷凍卵かけごはん

冷凍卵かけごはん

http://cookpad.com/recipe/1581270

冷凍卵を自然解凍して黄身を白ご飯の上にのせて上から醤油をかけて完成!

普通の卵かけご飯よりも黄身がどろっとしているので、ご飯の一粒一粒に濃厚な黄身が絡みなんともいえない至高の味わいに!

レシピ詳細:http://cookpad.com/recipe/1581270

卵の新領域!冷凍卵のフライ

冷凍卵のフライ

http://cookpad.com/recipe/2982787

卵を丸ごと揚げた一品。
豪快でありながら今までなかった食べ方でしょう。

冷凍卵は濃厚なので、十分そのままでも味わえます。

レシピ詳細:http://cookpad.com/recipe/2982787

冷凍卵1個で、2個の目玉焼き

冷凍卵1個で、2個の目玉焼き

http://cookpad.com/recipe/3111178

割ったときに黄身が二つならテンションあがりますし、1つで2個分なのでなんだかお得な気持ちになりますよね。

冷凍卵では、黄身が1つでも目玉焼きが2つできます。
まず、冷凍卵を二等分し、平らな面を下にして油で焼きます。

そうするとあっと驚き!
上の写真のように2つの目玉焼きの完成です。

レシピ詳細:http://cookpad.com/recipe/3111178

*クックパッドにもたくさんのレシピが公開されています。

http://cookpad.com/search/%E5%86%B7%E5%87%8D%E5%8D%B5?recipe_hit=163

さあ、みなさんも冷凍卵を使って新しい卵料理の可能性を見出してみませんか?

参考:http://news.livedoor.com/article/detail/10336145/
参考:http://by-s.me/article/75814264735397294
参考:http://cookpad.com/articles/2957
参考:http://cookpad.com/search/%E5%86%B7%E5%87%8D%E5%8D%B5?recipe_hit=163