4種類の給食を集めた写真

2017年12月2、3日の2日間、「第12回全国学校給食甲子園®」の決勝大会が、東京の女子栄養大学(駒込キャンパス)で開催されました。これは、実際にこどもたちが食べている学校給食の中から日本一を決める大会です。

大会ルールには、実際に学校給食として提供したことのある献立でなければならないこと(複数日分の単品を組み合わせた献立は不可)、文部科学省学校給食摂取基準に基づいていることなどが定められています。また、大会名に「地場産物を活かした我が校の自慢料理」というサブタイトルがついているように、応募する給食の献立は地場産物を使用し、その特色を活かしたものでなくてはなりません。つまり、学校給食の献立内容、調理技術、衛生管理、チームワークなど、トータルで評価される大会なのです。

決勝大会には、第4次審査までで選ばれた全国6ブロックの代表12校・施設が参加。応募献立をその場で作り、食味審査が行われます。また、今回初めての試みとして、審査委員をこどもたちに見立てて食育授業を行う「応募献立食育コンテスト」も実施されました。
今年は全国から2025校の応募があり、学校給食現場からの意気込みを感じることができました。

決勝スタート!制限時間1時間で6食分の給食を調理

「こどもたちのおいしい笑顔のためにベストを尽くすことを誓います」という選手宣誓で大会の火ぶたが切られ、熱い戦いがはじまりました。制限時間は1時間。各出場校・施設から栄養教論(または学校栄養職員)と調理員の計2名が協力して給食6食分を作りあげ、片付けまで終わらせなくてはなりません。

調理中の熱気溢れる様子を見せしましょう。

調理台の上にお鍋やフライパンなどの調理器具が山盛りに置かれており、その後ろに給食キャップにマスク姿の選手たちが経っている写真

手洗い方法の審査チェックのあと、決勝の調理開始の合図を待つ選手たち。意気込みと緊張が交じり合ったような空気が場を包みます。

まな板の上で食材を切っている白い調理服姿の選手

「調理開始!」の号令とともに、各校の選手たちはいっせいに調理に取りかかり、水の流れる音や、野菜を刻む音が響きます。普段は100食単位の学校給食を大きな機器を使いながら調理しているプロたちも、この日は通常の家庭用サイズの道具で調理していきます。

白衣と白いキャップ姿の子供審査員の写真

『読売KODOMO新聞』から2名の読者レポーターがこども特別審査委員として参加。白衣と帽子姿で審査表のバインダーを持ち、各チームの調理を真剣にチェックしていました。

鍋に温度計を入れている白衣の選手

食材が中までしっかり加熱されているかを機器で計測確認し、食材ごとに手袋を取り替え、手を洗うたびに消毒スプレーを吹きつけるなど、衛生管理が徹底しています。これも審査の対象のひとつです。

壁に左から青、赤、白のエプロンがかかっている写真。

用途別に色が異なるエプロンは3色。青は洗いもののとき、赤は肉・魚・卵を扱うとき、白は調理をするとき。選手たちは、調理作業が変わるとそのつどエプロンを付け替えます。

コンロの上のフライパンの中には野菜がたくさん入っており、トングを使って調理している選手の手元の写真

「残り時間30分です」「15分です」というアナウンスが入り、一気に緊張感が高まります。こはんが炊きあがり、次第に揚げもの、炒めものなどの調理工程へと移行。各調理台からは、おいしそうなにおいが漂ってきます。

調理場には取材に来ているたくさんのマスコミの姿。

マスコミは選手たちには近づけません。全国ネット、衛生放送、地方局のほか、台湾からの視察団も取材来日していました。選手の応援団がかけつけて、手作りうちわで熱く応援する姿も。

トレイに完成した料理を並べている白衣姿の選手

選手は本番までに予行練習を幾度もくり返し、作業分担・工程表を用意しているので動きに無駄がなく、調理を淡々とこなしていきます。6食分の皿は各学校・施設が自ら持参したもの。制限時間を意識しながら着々と盛り付け、同時進行で片付けも進めていきます。

調理を終え腕を組んで待っている選手や、シンクで洗い物をしている選手の写真

「調理やめ!」の合図とともに、戦いは終了。安堵の表情を見せる選手たち。制限時間前に余裕をもって終えているチームや、時間ぎりぎりいっぱいまで作業に追われるチームまでさまざまでした。

甲乙つけがたい!審査委員一同がうなった食味審査

完成した給食は、こども特別審査委員2名を含む、計16名が「食味審査」をします。決勝に残った全12校・施設の給食が審査会場に並べられ、仕上がりと味がチェックされました。
主菜・副菜・デザートと献立のバランスも考えられた彩りのよい給食を前に、「一生懸命作ってくれたのだから全校のを食べなくちゃ」「実際にこんなに工夫された献立を食べられるこどもたちはきっと給食が好きでしょうね!」と、審査委員たちからも審査への意気込みが感じられます。

白いクロスのかけられたテーブルの上に置かれたお盆に盛られた給食。その周りを審査員やマスコミが囲んでいる写真

おいしそうに試食をしていた審査委員たちに話を聞きました。

「今年は地場産物をアピールした献立が多い傾向にありました。とくに野菜をたくさん使っていたのが印象的でしたね。生産者さんの思いまでも伝わるような気がしました」(審査委員長・東京国立博物館長 銭谷眞美さん)

「1996年にO157による集団食中毒が発生して、学校給食がさみしくなり、どうすればいいかわからない時期がありました。それからこの20余年でずいぶん華やかになり、味も質もレベルアップしましたね。非常にうれしく、すばらしいことだと思います」(審査委員・東京医科大学微生物学分野兼任教授 甲斐明美さん)

「地域のものが盛りだくさんで、おいしく食べてほしいという愛情がひしひしと伝わってきます。色もカラフルですし、苦手な食材はこどもたちの好きな味つけにするなど、工夫がされているなと感じました。兵庫県の給食にはもち麦麺を使っていましたが、これは麺を切りそろえるときに出る切れ端だそうですね。フードロス問題の解決にもつながって非常にいいなと思いました」(審査委員・農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課長 西経子さん)

「嫌いな大根があったけど、おいしく作ってくれていたから食べられました」(こども特別審査委員)


【次ページ】いよいよ「日本一の給食」が決定!受賞者は…… >>