たくさんのネオンがきらめく夜の繁華街風景

飲食業界の動向は、世間のニーズや流行の移り変わりに合わせて日々変化しています。

そのような中、2020年に流行した新型コロナウイルスの影響により、客足が大幅に減少した店舗も多く、たくさんの対応策が打ち出されました。

今後、安心・安全対策やお客様のニーズが変化していく中、どのような対応が必要になるのでしょうか。

この記事では、新型コロナウイルスによって飲食業界が受けた影響や今後の動向、経営方法を考えるポイントについて紹介します。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

【業界動向】新型コロナが飲食業界へ与えた影響

デリバリーサービスで注文された商品を玄関先で受け渡ししている風景。

2020年は飲食業界全体が大きく変化した年であり、今後も新型コロナウイルスの流行状況によって変化していくことが見込まれます。

2019年12月の発生以降、緊急事態宣言による外出自粛や時短営業要請により、飲食業界は大きな打撃を受けています

客足が大幅に減少し、閉店や店舗数の削減を余儀なくされたケースも少なくありません。

このような状況下に対応するため、飲食業界全体でビジネスモデルが大きく変化しており、さまざまなアイデアが生まれています。

とくに急激に増加したのが「テイクアウト」と「デリバリー」を扱う店舗です。
店舗型の飲食店は従来の業態のみでは経営が困難なため、接触を避けたいお客様のニーズに対応する施策のひとつとして注目されています。

店内の感染症対策や接触を減らす工夫など、今後も状況に合わせたさまざまな工夫や対策が必要になってくることでしょう。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

これからの飲食店に必要なウィズコロナ対応策

コロナ禍でも店舗の経営を継続していくためには、安心・安全を考慮した対策が必要とされています。

そのなかでも、飲食店でできる対応策には、大きくわけて3つの要素があります。

ここからは、どのような目的をもって新型コロナウイルスの状況下を乗り越えていくのか、具体的な対策方法について見ていきましょう。

ご案内のしかたを変える

飲食店のウィズコロナ対応策には、時間ごとの入れ替え制の導入、営業開始時間を早める、席数の削減などが行われています。

入れ替え制とは、例えば、決まった時間ごと、決まった人数を席にご案内して、また次のお客様のために、食事の時間を管理させてもらうといった形です。場合によってはスタッフを配置し直すなどマニュアルの変更も必要になるでしょう。

また、営業開始時間を調整することにより、特定の時間にお客様が集中するのを防ぎやすくなります

席数の削減に取り組む場合、置いている座席の撤去が難しければ、「ソーシャルディスタンス確保のため、こちらのお席はお使いいただけません」などと掲示しましょう。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

テイクアウト・デリバリーに対応する

テイクアウト用の紙袋や容器、フォーク、紙コップの写真

新型コロナウイルスの影響により、多くの飲食店でテイクアウトとデリバリーが導入されました。

デリバリーを専門に行う事業者の需要も高まり、街中で見かける機会も多くなっています。

デリバリーに対応するメリットは、多くのデリバリー事業者がユーザーに対し宣伝や勧誘を行っている点です。

デリバリー業者が宣伝や勧誘を打ち出しているため、宣伝活動を飲食店がしなくても利用客増につながる可能性があります。

配送料無料や利用者紹介サービスによる割引など、利用者にとっても魅力的なものが多いのも特徴です。

デリバリーを導入する場合、提供する飲食物がデリバリーに向いているかを検討し、改良を行う必要があります

たとえば、ラーメン店であれば麺を自宅で茹でてもらえるようにする、スープがこぼれない、冷めない容器や包装を工夫するなどの方法です。

新たな参入形態として、デリバリーに特化したゴーストレストランと呼ばれるイートインスペースをもたない店舗も増加しています。

「接触せずに美味しい料理を食べたい」というニーズを満たすための手段として、効果的ではないでしょうか。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

感染症対策は見える形で告知する

ウィズコロナ対応策を複数行っていく中で、お客様にはご協力のお願いも含めてその告知をする必要があります。

新型コロナウイルスの流行以降は「感染症対策を行っているか」が、利用する店舗選びにおいて重要な要素になりました。

消毒液の設置を始め、換気やソーシャルディスタンスの確保など、感染症対策を行っていることをアピールすることが大切です。

それにともなってお客様になにかご協力いただくことがあるのか、来店した時点でわかるようになっていれば、お客様も安心して利用ができるでしょう。

店頭のポスターやステッカー、SNSの店舗アカウントによる発信など、お客様の目に留まるように掲示していきましょう。

また、自治体によっては感染症対策の基準を満たしている店舗に対し、登録ステッカーの配布を行っているところもあります。

自治体の認めた基準以上の対策を行っている店舗の証明になるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

変化の激しい飲食業界!最新情報は常にチェックすることが大切

新型コロナウイルスの影響や対策方針は、今後もつねに変化していくことが予想されます。

政府による新たなガイドラインの作成や、世間のニーズ・流行の変化など、激しい変化に対応していかなければなりません。

そのために重要になるのが、常に最新情報をキャッチできるようにしておくことです。

いち早く情報を入手することができれば、対応策を講じるスピードも速くなることが見込まれます。

ここからは、変化に対応していくために押さえておきたい、情報収集の方法について見ていきましょう。

飲食業界専門のニュースサイトを活用する

たくさんのデータをグラフ化し情報量がたくさんあるイメージ画像

情報収集の手段としておすすめなのが、飲食業界専門のニュースサイトを活用する方法です。

ほかのニュースに埋もれてしまうことなく、飲食業界の最新動向をチェックできるため、いち早く情報を得ることができます。

業界の最新方法や経営についてだけでなく、新型コロナウイルスの感染症対策特集記事などもチェックすることが可能です。

他店で行われている感染症対策の方法や、どのような業態にニーズが集まっているのかなど、ウィズコロナ対応策の参考にすることができます。

また、自店で活用できる給付金制度や、新たなガイドラインが発表された際にも情報があれば対応しやすくなるでしょう。

対策や新たなアイデアは他店にも取り入れられていくため、自店に合う方法を精査していけるかがキーポイントです。

飲食業界の動向をいち早くキャッチするためにも、まずはアンテナを伸ばすことから始めてみてはいかがでしょうか。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

ニュースアプリも使いやすい

近年、スマートフォンの普及により、ニュースアプリが増加しています。

スマートフォンだけで必要な情報が確認できるため、隙間時間にチェックできる利便性がニュースアプリの特徴です。

クックビズでは、飲食業界に特化した「ククロ」というアプリをリリースしました。

「ククロ」に搭載している機能のひとつである「食ニュース」では、飲食業界の最新情報を日々配信しています。

業界の動向を効率良く調べることができ、他店の対策などを参考にすることも可能です。

また、「シゴトログ」という機能もあります。

「シゴトログ」では出退勤時間とその日の気分が記録したり、後から履歴を確認することも可能。毎日記録することで自身の生活の振り返りもできます。

ククロの機能を紹介した画像

───2021年3月1日更新───
「ククロ」に以下の機能が追加されております!

・ポイント機能
「ククロ」への登録やアンケートへの回答、友達紹介、各種キャンペーンなどポイントを獲得できます。
※獲得したポイントは、Amazonギフト券や現金への交換が可能に!

・飲食人認定
飲食業界でお仕事をされている方や、過去2年以内にお仕事をされていた方を「飲食人」として認定されポイントを獲得
※「飲食人認定」されると「シゴトログ」の記録アクションでもポイントを獲得(継続ボーナスポイントあり)

・お友達紹介機能
お友達紹介コードを使って「飲食人」に該当しそうな方を紹介し、相手が「ククロ」に登録&飲食人認定されれば「お友達紹介」によるポイントも獲得できます!

編集後記

飲食業界の動向は日々変化しており、情報収集の強化や変化への対応・対策が今後も重要になってくるでしょう。

新型コロナウイルスの影響による困難な状況下でも、業績を伸ばしている飲食店は多くあります。

そのような他店で行われている対策や戦略を参考にしながら、自社に取り入れられることはないかを検討してみてはいかがでしょうか。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク