皆さんは、米粉を料理に使ったことはありますか?

「なじみがない」「どうやって使ったらいいか分からない」という人もまだまだ多いのでは?

今回は、4月に出たばかりの米粉専門のレシピ本「谷町空庭 米粉LOVERSのレシピブック」をご紹介。インタビュー「この人に会いたい」でご登場いただいた「谷町空庭」オーナーの山内美陽子さんと、“米粉の魅力”に取りつかれた仲間(!?)が考案したメニューを集めたとっておきの一冊です。

もちもちのマフィン、おつまみや料理レシピまでメニューは全18

ページを開くと、イラストレータMONさんのカラフルなイラストが目に飛び込んできます。
メニュー構成は、朝ごはん、スイーツ、おかず&パーティメニューの3つ。米粉の製品開発も手掛ける「谷町空庭」さんだからこそ、米粉のクセを知り尽くした簡単でおいしいメニューがいっぱい。

炊飯器で作る米粉パンのほか、ケーキやマフィンも。小麦粉と変わらない感覚でお手軽に使えて、「これがコメ??」と思わずうなるお味。またおかずメニューではパスタや米粉を使ったクリームソースなど、小麦粉アレルギーの人には、ぜひとも試してみたい一品も。
さすが米粉フリークさんたちが考案しただけある納得レシピなのです。

米粉で作ったパン

日本の伝統食「コメ」の良さを見直すきっかけに

「谷町空庭」では、人とミドリ、人と食、人と農がつながる活動やイベント、セミナー、マルシェなどを展開。
主宰の山内さんは農業コーディネーターとして、農家さんと一緒に農産物を使った商品開発にも携わっています。

日本人の食の原点でもある米を使った米粉の開発には、とりわけ力を注いだのだそう。
「谷町空庭」では、土佐れいほく地方や大阪近郊の田んぼで、なるべく環境に負荷を与えない農法で栽培された無農薬や減農薬のお米を使った米粉も販売しています。

ノングルテンでも、ふんわりと生地を膨らみやすくするには製粉方式が重要なポイント。
米をすりつぶしたり、削ったりして圧力をかけるのではなく、粒子が丸くて細かくなるよう空気の力を利用する気流粉砕方式で製粉しています。

「あまり米粉のことを知らずにお菓子をつくったら、かたく仕上がって不評だったという人も多いはず。
米粉は製粉法などで適した料理が変わるものです。

米粉の特徴を知って、それに合わせた料理やお菓子づくりのコツをつかめば、もちっと、またしっとりした味わいのものができるはずです」と山内さん。
米粉のことをもっと知りたい、本が欲しいという方は「谷町空庭」までメールでお問い合わせを(下記記載)。

「谷町 空庭 米粉LOVERSのレシピブック」は手のひらサイズで使いやすい大きさ。米粉とこの本をあなたのキッチンに。
米粉の使いやすさとモチモチ、ふわふわの絶妙の食感を味わってみてくださいね。料理の幅が広がる事間違いなしですよ。

■『谷町 空庭 米粉LOVERSのレシピブック』
レシピ監修:谷町空庭 ヤマサキユキコ
制作:ギャラリー「あしたの箱」熊谷真奈美
イラスト・ブックデザイン:MON
発行所:大阪ブリキ玩具資料室
金額:800円+税(864円
■本の購入希望の方は、氏名、住所を記載して以下にメールを
soraniwa88@gmail.com(谷町空庭)

協力/「谷町空庭」
http://www.soraniwa.net/