煮卵弁当

こんにちは!Lillyです。
もうすっかり夏ですね!暑い日が続きますが、皆さまご自愛ください。

さて、この時期困るのがお弁当の衛生管理ですよね。傷んだお弁当をお子さんに食べさせるのは避けたいですし、ランチタイムにお弁当箱を開けたら異臭がする!なんてことがあると気分は最悪。食中毒のリスクもあります。

そこで今回は、お弁当が傷むのを防ぐコツをご紹介します。

お弁当が傷む条件とは?

「お弁当が傷む」とは、細菌が繁殖する状態のことを指します。
細菌が最も繁殖しやすい温度は35℃前後。夏場の気温はこの温度に近いので、お弁当が傷みやすくなってしまうのです。
このような条件下では、作ってから2~3時間で腐り始めるといわれています。朝に作ったお弁当がランチタイムには細菌まみれ、なんてことになりかねません・・・

そんななかで細菌の繁殖を防ぐためには、

  • お弁当箱や食品に細菌をつけないこと
  • 細菌が繁殖しにくい環境を作ること

の2つのことが必要になります。

調理の前に~ごはんやおかずを作る前から食中毒予防は始まる~

調理をする前のポイントは大きく分けて2つ。

①調理の前には、石鹸で手を二度洗いする。

指のまたや爪の間まで入念に洗いましょう。
ネットのレシピを見ながら作る方も多いと思いますが、スマートフォンの画面にはさまざまな雑菌が付着しているので、食材を触る前には手洗いを。

石鹸で手洗い

②弁当箱や器具類は、洗剤でよく洗い、しっかり乾燥させる。

細菌は水分が大好き。よく水気を切ることで、繁殖を予防することができます。
いちばん殺菌効果が高いのは熱湯にかけて菌を死滅させることですが、素材によってはできないこともあるので、その場合は洗剤でよく洗いましょう。
キッチンペーパーにお酢をつけてお弁当箱を拭くだけでも抗菌効果があります。

調理~さわらない&しっかり加熱することで細菌を寄せ付けない~

調理のコツはこの2つ。

①しっかり加熱する

中まで火が通ったかどうか外見から判断がしづらいハンバーグやから揚げなどは、充分に加熱調理しましょう。(中心温度が85℃以上で90秒間以上)
卵焼きなどは、半熟にせず、固まるまでしっかり加熱すること。
火を通さなくても食べられるハムなども、極力加熱調理をするようにしましょう。
当日調理が基本ですが、前日に調理するときや昨晩の残り物を詰めるときは、お弁当箱に詰める直前に必ず充分に再加熱しましょう。

②食材に触らないようにする

食材を加熱前に小さく切っておくことで、加熱後に触らなくてもいいようにしましょう。
おにぎりは、ラップなどに包んでから握り、直接素手で触らないこと。
キャラ弁は素手で食材を触ることが多いので、夏の間は避けた方がベター。

盛り付け~水気と温度はお弁当の大敵~

盛り付けの際に気を付けたいのは、この2つ。

①よく水気を切る

炒め物は水分をしっかり飛ばし、おひたしはよく水を絞ったうえで鰹節をかけるなど、汁が出ないように調理しましょう。
生野菜や果物を詰めるときには、よく洗い、水気をきちんと切るようにしましょう。別の器に入れるのもアリです。
食品からの水漏れを防いだり、他の食品に細菌が移るのを防ぐために、仕切りやラップを活用しましょう。
ソース・ドレッシング・醤油・ふりかけなどは別容器に入れ、食べる直前にかけましょう。

②よく冷ましてからフタをする

ごはんやおかずを十分に冷ましてからフタをするようにしましょう。
おにぎりに海苔を巻く場合は、ごはんが温かいうちに巻くと湿気てしまうので、冷ましてから巻きましょう。

持ち運び~食中毒対策の強い味方、保冷剤と抗菌シート~

大前提として、お弁当はなるべく直射日光の当たらない涼しいところに保管して、早めに食べるようにしましょう。
持ち運びの際にお勧めしたい二大アイテムが、保冷剤と抗菌シートです。
保冷材は100円ショップなどで売られているもので大丈夫です。
お弁当箱のフタと底に添わせて、お弁当をサンドする形で入れるのがおススメです。

抗菌シートは使い捨てなので割高ですが、その効果は折り紙付き。8時間程度持つものが一般的で、できあがったおかずやご飯の上にかぶせるだけなのでとっても簡単です。

ちょっと意識するだけで、食中毒のリスクを大きく減らすことができます。
安全で美味しいお弁当を食べて、午後からも頑張りましょう!

鮮やかなお弁当


【次ページ】食中毒にならないために!使うべき食材/使ってはいけない食材 >>