木のテーブルの上におかれたノートパソコンと黒い手帳とペンのイメージ画像

今は組織の一員として、1店舗の店舗運営を任されていたり、店長や料理長として勤務しているけれど、将来的には独立することも考えている。このような目的で、業界の最新ニュースをいつもチェックしている飲食業界従事者も多いのではないでしょうか。

特に、最新のトレンドを知っていることは話題性や注目を集めるためにも欠かせない要素の一つです。飲食業界のニュースを得る方法は数多くあります。

情報源が多いため、どこから情報を得るのが良いのか迷いますよね。また、ひとつの情報源だけに頼ると、情報の偏りが気になる…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では最新情報を得るための方法を3つ紹介しますので、情報収集にお役立てください。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

飲食店のトレンドを知る方法1:ニュースサイトをチェック

テーブルの上に置かれたスマートフォンと、メモ帳・ボールペン

最近は、大抵の情報はWebで入手することができます。ニュースサイトは飲食店の最新情報を知る方法のひとつです。

飲食店のトレンドを手っ取り早く知りたいなら、ニュースサイトをチェックすると良いでしょう。

飲食業界専門のニュースサイト

世の中のトレンドは常に変化します。旬な情報を簡単に入手するのに役立つのが、飲食業界専門のニュースサイトです。

有名なニュースサイトであれば、情報も早く更新頻度が高いので最新情報が得られます。

書籍や雑誌だと出版まで時間がかかりますが、オンライン上だとそういう時間がいらないので、常に最新のニュースの発信が可能です。

サイトのトップページには最新記事がわかるように掲載されているので、簡単に最新情報をチェックできます。

また、いつでもどこにいても簡単に情報を入手できるのもニュースサイトの魅力です。

ニュースサイトで得られるのは飲食店のトレンド情報だけではありません。サイトによっては、一流シェフや大手飲食店経営者のインタビューも掲載しています。

飲食業界で活躍している人たちのこだわりや経営理念、ビジョンといった情報は、経営や新メニュー開発の参考になることでしょう。

ニュースアプリならお手軽

スマートフォンの普及にともない、ニュースアプリも増えてきています。最近では飲食業界に特化しているアプリもあり、インストールしておけばお手軽に最新情報のチェックができるので便利です。

アプリの種類はさまざまなので、いろんなものを比較してみて使いやすいものを選ぶようにしましょう。
いくつか、実際に利用できるニュースアプリをご紹介します。

・Gunosy(グノシー)

簡潔に読めるように、短くまとめられているのが特徴の「グノシー」。通勤などのちょっとした時間でも読みきれるのがメリットではないでしょうか。

・SmartNews(スマートニュース)

利用している年代が幅広く、新聞を読むような感覚で利用できるのが特徴です。
スマートモードという機能があり、ページを瞬時に表示することができるのもおすすめの点でしょう。

・Yahoo!ニュース

大手企業のヤフーが運営している「Yahoo!ニュース」。こちらの特徴としては、Yahoo!ニュースのみに掲載されているコンテンツが多いところです。トピックスも豊富であらゆるメディアのニュースが掲載されています。

・ククロ

飲食業界に特化したニュースアプリが「ククロ」です。上記に挙げた媒体に比べて、飲食業界のコンテンツに特化をしているので、ほしい情報が手に入りやすいという特徴があります。

まずは興味がありそうなアプリを早くダウンロードしてみて、是非中身をチェックしましょう。

納得感のある内容の記事があっても、小さな文字がズラッと並んでいるだけだと読むのに疲れるかもしれません。また、写真や動画などがたくさんあっても内容が充実していないと、求める情報が十分に得られない可能性もあります。

では、ニュース配信アプリ「ククロ」についてご紹介していきましょう。

飲食関係者に役立つ機能が揃っており、中でも「食ニュース」は“食”に関する最新情報が満載です。その他、毎日の勤務状況の把握に役立つ「シゴトログ」など、さまざまなコンテンツを実装予定です。

飲食店の最新情報を求めている方は、「ククロ」を体験してみてはいかがでしょうか。

───2021年3月1日更新───
「ククロ」に以下の機能が追加されております!

・ポイント機能
「ククロ」への登録やアンケートへの回答、友達紹介、各種キャンペーンなどポイントを獲得できます。
※獲得したポイントは、Amazonギフト券や現金への交換が可能に!

・飲食人認定
飲食業界でお仕事をされている方や、過去2年以内にお仕事をされていた方を「飲食人」として認定されポイントを獲得
※「飲食人認定」されると「シゴトログ」の記録アクションでもポイントを獲得(継続ボーナスポイントあり)

・お友達紹介機能
お友達紹介コードを使って「飲食人」に該当しそうな方を紹介し、相手が「ククロ」に登録&飲食人認定されれば「お友達紹介」によるポイントも獲得できます!

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

飲食店の最新情報を知る方法2:大手検索エンジンで調べる

ノートパソコンを使ってインターネットを行っている男性の手元

飲食店のトレンドを知るふたつ目の方法が、大手検索エンジンで検索するというものです。

「Google トレンド」や「Yahoo! リアルタイム検索」を使えば、今何が話題になっているのか、また特定の話題に対してどれくらい検索されているのかを知ることができます。

最新ニュースを得たいなら、大手検索エンジンを使うのも良いでしょう。

Google トレンド

Googleの検索結果に基づいた、トレンド確認用のツールが「Googleトレンド」です。

キーワードを入力して検索すれば、指定したキーワードの人気動向を知ることができます。また、関連キーワードとの比較もできるので、いくつかのキーワードと比較しながら最新情報を調べることも可能です。

地域別の人気検索キーワードを知ることができるのもGoogleトレンドの大きな特徴。

飲食店経営に携わる方であれば、店舗を構えている地域でどんなことが話題になっているのかといった情報を得て、今後の経営に活かすことができるでしょう。

近い将来、別の地域にお店を出す計画がある場合も、その地域の飲食店のトレンドの傾向を調べておくと経営のヒントが得られるかもしれません。

海外の食ニュースを調べたいときは、ニュース一覧で、「海外 OR 外国 OR 世界 AND 食」と検索、食に関するセミナーが調べたいときは「食 OR フード AND セミナー」と検索すると良いでしょう。

Yahoo! リアルタイム検索

最新トレンドを知るのに欠かせないのが、FacebookやTwitterなどのSNSです。とはいえ、SNSを利用しているだけでは、莫大な情報量の中から最新の話題をつかむのは難しいと考える方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、おすすめの検索エンジンが「Yahoo! リアルタイム検索」です。FacebookやTwitterなどSNSに投稿されている最新情報を簡単に確認できるツールなので、飲食業界のトレンドについても知ることができます。

使い方も簡単で、飲食業界に関するキーワードを入力して検索するだけです。ログインしなくても、気軽にTwitter上の話題となっている情報が得られるのもYahoo! リアルタイム検索のメリットといえるでしょう。

キーワードを入力して検索すれば、世の中の反応や評価など最新情報が抽出されるので、飲食店の経営に役立てることができます。

検索ワードは「スイーツ」などの大きいワードよりも、「台湾カステラ」「干し芋」などのより具体的なキーワードだと、有効です。
ツイート数やその推移、ポジティブツイートが多かったか、などがわかります。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

飲食店の最新情報を知る方法3:飲食関連の書籍を読む

本棚にぎっしり並んでいる本のイメージ写真

飲食業界の最新トレンドを知る3つ目の方法は、飲食関連の書籍を読むことです。

ここまで紹介してきたように、最近はニュースサイトやアプリ、大手検索エンジンなどWebでの情報収集が主流となってきています。

とはいえ、書籍で情報を得るのが時代遅れということではありません。今でも書籍は有効な情報源です。

Webを通して飲食業界の最新情報を得るメリットは、手軽に情報が得られるということ。また、書籍よりも早く最新のトレンドなどを知ることができるということです。

しかし、大手のニュースサイトやニュースアプリなら情報の信憑性が高いとはいえ、Web上では正確性や信頼性の劣る情報が見つかってしまう可能性があるのもデメリットです。数多くの情報の中から、信頼できる情報を探す必要があります。

その点、飲食業界に関する専門書籍であれば、著者と出版社の名前がきちんと記載されているため情報源がはっきりとしています。

責任の所在がはっきりしている分、時間をかけて十分な調査を行って、正確な情報を提供するような努力がなされています。

また、しっかりと調査をしている分、濃い内容の情報が詰まっているのも書籍の特徴といえるでしょう。

飲食店の最新情報を書籍から得たいなら、料理専門雑誌や料理研究家の料理本などをチェックすることができます。料理研究家も多くの料理本を出しているので、たくさんの情報を得ることができるでしょう。

また、新しい本だけではなく、古い本も参考にして、過去と現在のトレンドを比較するという活用法もあります。そうすれば、同じような料理でも、調理の仕方や盛り付け方の違いについて考えたり、応用した新メニューを開発したりと、活動の新たなヒントにできるかもしれません。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

編集後記

この記事で紹介したように、飲食店の最新情報を得る方法は複数あります。

ニュースサイトやアプリを使えば、今現在のトレンドや話題になっている情報をすぐに得ることが可能です。

大手検索エンジンを使うと、世の中の関心事や指定したキーワードの人気動向などについて知ることができるでしょう。

飲食関連の書籍を読むと、特定の分野について濃い内容の情報を入手できますし、正確さについても信頼できます。

それぞれに長所や得意分野があるので、複数の方法で情報を取り入れるのが、バランス良く情報を得るコツといえるでしょう。