厨房の様子も楽しめるレストランのイメージ写真。テーブルには大小異なるワイングラスが置かれている

シェフとして働くのに欠かせないこととしてまず思い浮かぶのが、調理スキルや衛生管理の知識、食材の知識などではないでしょうか。そのほかにもさまざまな知識、技術が必要となります。シェフとしての知識をつけるには、日頃からニュースなどを見てたくさんの情報を取り入れる癖をつけておくとよいでしょう。

今回はシェフにおすすめの情報収集のポイントについてご紹介していきます。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

シェフが知っておくべきニュースとは?

シェフは調理だけではなく、メニュー開発にも携わります。そのため、最新の情報をつねに取り入れておくべきでしょう。

シェフや料理人が知ってきたいニュースのなかには、飲食業界の情報や消費者のトレンドなどがあります。

本来シェフの業務は、美味しい料理を作ってお客様に提供することです。自分の店を経営するシェフでも、お店に雇用されているシェフでも変わりはありません。

厨房から待ちゆくお客さんの様子をうかがい、顧客ニーズの収集を図っている様子のイメージ写真

さらに、シェフは美味しい料理でお客様を呼び込み、お店を盛り立てる大事な役割も担っています。そのために役立つのが、飲食業界の最新ニュースやトレンド情報です。

飲食業界のニュースでは、他店の動向や繁盛店の集客方法がわかるため、勉強になります。特に最近は感染症予防による自粛要請や「Go To Eat」キャンペーンによってお客様が好むお店のスタイルが変化しているので、新しい情報を取り入れることによって、自店で使用する食材や調理器具、メニューや盛り付けなどに関する新しいアイデアを得ることができるでしょう。

お客様が食べたいフードやスイーツ、ドリンクなどのトレンドを知ることは、メニュー開発のヒントにつながります。いま一番ホットな料理を取り入れれば、収益アップを図ることが可能になります。

ただし、飲食業界のトレンドは味だけでなく、インパクトのある見た目や食感の楽しさによっても左右されるため、人気の移り変わりが非常に速いです。流行に乗り遅れないためにも、最新のトレンド情報を収集するように心がけましょう。

自分の味に自信があっても、お客様がこなければ収益アップは見込めません。飲食業界の最新ニュースやトレンドをメニューに取り入れることで、店舗の集客・販売につながるメニューなどを開発してみるのもおすすめです。

最新のニュースを知ることは仕事に活かせるだけでなく、見識を深めるのにも有効です。人気店との違いや共通点を知ることで視野が広がれば、自分の力で人気メニューを生み出せるようになるでしょう。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

シェフはどんな媒体でニュースを知ることができる?

シェフにとって最新のニュースを集めやすい媒体を紹介していきましょう。

スマートフォン内で表示されている、チョコレートがかかったワッフルと、白いカップに注がれたコーヒーのイメージ写真

情報化が進む現代では、さまざまな手段でニュースを得ることができます。ただしそれぞれに得られる情報などに違いがあり、シェフのライフスタイルによって入手のしやすさも変わってきます。

それぞれでメリット・デメリットを比較して、自分にとって使いやすい媒体を選ぶと良いでしょう。

テレビ

テレビは家庭での普及率が高く、身近な媒体といえるのではないでしょうか。視覚と聴覚の両方に働きかけるため臨場感があり、料理の美味しさ、お客様の喜ぶ姿を知るのに最適です。

食事や仕事をしながらでもその日の動向を知ることができて、忙しいシェフにとっては助かります。視聴率を高めるために常に最新の情報を流しているため、メニュー開発にも役立つでしょう。

ただしテレビは番組によって、得られる情報が特化しています。番組数が非常に多く、飲食業をメインに扱ったグルメ番組や最新の時事ニュースなどの情報源を厳選するのは大変です。

紙媒体

新聞や雑誌などの紙ベースの媒体も、飲食業界に関連するニュースを知るのに適しています。

特に新聞は毎日発行されていて、フレッシュな話題を入手できるのが魅力です。地方紙を選べば特定の地域の人気傾向をピンポイントに把握できるため、活用してみると良いでしょう。

ただし新聞紙面の情報量は多いものの、掲載される飲食関連の情報は少なめです。必要なニュースを調べるのに、手間と時間がかかるのは否めません。

逆に雑誌はファッションに趣味、旅行などジャンルに特化していて、グルメ系の雑誌を選べばシェフが情報を集めるのは簡単です。しかし、購入費用が高くつくこと、リアルタイムな情報発信ではないことには注意しましょう。

Webサイト

インターネット上で公開されているWebサイトも、シェフがニュースを集める媒体に適しています。

パソコンやスマホを使って手軽に検索でき、手間も時間もかかりません。仕事の休憩時間などの隙間時間を使って、いつでもどこにいても情報を集められるので重宝します。

Webサイトを媒体とする最大のメリットは、必要な情報をピンポイントに絞れることでしょう。料理や食材、地域などを検索すれば、知りたかったニュースに素早くたどりつけて、自分の探したい情報をすぐに取り入れることができます。

その反面でWebサイトには新しい情報だけでなく、古い情報のものがずっと残り続けてることもあります。真偽不明の情報も多いため、Webサイトを利用する際はニュースをしっかり見極めましょう。

アプリ

忙しい仕事の合間に素早くニュースを知りたいなら、アプリを使うのがおすすめです。

あらかじめダウンロードしておけば、すぐに情報にアクセスできて簡単です。Webサイトよりも通信速度が速く、動きがスムーズなので、インターネットブラウザを開き、自分で検索して…といった手間も省けます。

またアンケートやポイントなど、便利で多彩な機能が盛り込まれたアプリもあります。クリックやスライドといった簡単な操作で知りたい情報をスピーディーに入手でき、業務負担の軽減にも役立つでしょう。

常に最新のニュースを知りたいシェフの情報媒体として、アプリは優秀です。飲食業界に特化したニュース配信アプリを使って、効率良く最新の情報を集めましょう。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

シェフにおすすめ!ニュースアプリなら「ククロ」

飲食業界の最新のニュースや市場のトレンドを知りたいシェフには、ニュースアプリの「ククロ」がおすすめです。

ここではククロの魅力を詳しく解説していきましょう。

「ククロ」とはどんなアプリ?

「ククロ」は飲食・フード産業特化の求人サイト、クックビスが企画・開発しリリースした飲食業界特化のニュース配信アプリです。

「ククロ」の紹介画像。「飲食人のためのアプリ」として飲食業界で狩る役する方に新たな気づきを与えていきます。

食関連コンテストの受賞歴があるアンバサダーからの意見も取り入れ、飲食業界で働く人のために作られているのが特徴で、食の情報を日々配信しています。ニュースがふんだんに盛り込まれていて、飲食人(=飲⾷業界で働く⼈)が日常的に使うアプリを目指し、今後もさまざまな機能を提供していく予定です。

また、「ククロ」は飲食店を経営する人と飲食業界で働く人を情報で繋げて、お互いの成長を支援する役割も担っています。ダウンロードすれば誰でも利用できるため、メニュー開発に余念がないシェフ、お店の発展を目指す経営者様にもおすすめです。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

「ククロ」の機能

「ククロ」は単にニュースを知るためのアプリではなく、多彩な機能をあわせもつアプリです。

ニュース配信機能では食に関連する市況や動向、最新のトレンドなど情報の幅が広く、シェフのメニュー開発に役立つ情報を多彩にラインナップしています。

「ククロ」では運営側がタイムリーなニュースを厳選して配信しているため、情報は常にフレッシュで正確です。ユーザーが情報を分別する手間はかかりません。「ククロ」なら素早くニュースを知り、効率良くシェフの仕事に活かせるでしょう。

また今後はポイント機能のリリースも予定しており、アンケート機能とあわせて使うことでお得にポイントを稼ぐことが可能です。利用するほどにメリットが大きいため、ぜひ「ククロ」を活用してください。

また、「シゴトログ」という機能を使えば、ニュースをチェックしながら勤怠管理が簡単にできるというのも「ククロ」の魅力です。

「ククロ」アプリの紹介。食に関する最新ニュースの配信や、「シゴトログ」での日々の勤務状況振り返り、アンケート回答での特典ほか、今後も続々新機能リリース予定。

───2021年3月1日更新───
「ククロ」に以下の機能が追加されております!

・ポイント機能
「ククロ」への登録やアンケートへの回答、友達紹介、各種キャンペーンなどポイントを獲得できます。
※獲得したポイントは、Amazonギフト券や現金への交換が可能に!

・飲食人認定
飲食業界でお仕事をされている方や、過去2年以内にお仕事をされていた方を「飲食人」として認定されポイントを獲得
※「飲食人認定」されると「シゴトログ」の記録アクションでもポイントを獲得(継続ボーナスポイントあり)

・お友達紹介機能
お友達紹介コードを使って「飲食人」に該当しそうな方を紹介し、相手が「ククロ」に登録&飲食人認定されれば「お友達紹介」によるポイントも獲得できます!

編集後記

シェフとしてお店を盛り立てて成功するには、ニュースに敏感になる必要があります。

メニュー開発に活かせるニュースを調べるなら、アプリの活用がおすすめです。「ククロ」で情報を効率良く集めて、お客様を引き付けるメニューを開発してください。

特に、メニュー企画、メニュー開発の過程での、食器選定や盛り付け、ネーミングなどを考える際には、いまのトレンドを抑える必要があります。
アイデアの引き出しを多くもつためには、多くの情報を獲得できることが重要となるでしょう。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク