こんにちは。「今すぐ実践!人材採用力UPノウハウ」の連載を担当する生田です。
飲食業界で、初めて採用担当をされる方は今後の参考に、採用担当を長年されてきた方には知識の確認ということで、ご覧いただければ幸いです。

今回のテーマは、「2016年の正社員・アルバイト採用計画は、お役立ちシートで楽々作成!」です。

しかし飲食業界・外食産業では、現場の店長がアルバイト採用や面接はもちろん、社員採用も任せられていたり、また上級店長やスーパーバイザーと兼任で人材採用を担当している、という方も多いもの。

また出店計画はあるものの、採用人数を明確に設定して、具体的な採用スケジュールを立てて…というところまでは手が回っていない飲食企業様も、実際のところ、多いのが現状です。

「人が足りない!」とあわてないために

「スタッフが急に辞めてしまって、人が足りない!」ということは飲食業界ではよくある話。

採用計画を立てておけば、あらかじめ必要な人材を予測でき、あわてずに採用計画を進めることができます。

「採用計画なんて、立てるの面倒だ(;´Д`A」と思われた方も大丈夫。

クックビズ特製「2016年採用計画立案/お役立ちシート」をご用意しました。

たったの5ステップで年間の採用計画を立案できますので、ぜひ使ってみてくださいね!
(以下画像をクリックすると拡大、下記URLからダウンロードできます)。

saiyoukeikaku2014_01

専用シートで、年間採用計画を立てる

出店計画、離職によるスタッフ減を予測し、年間の採用計画を立てます。
これにより、通年でどれくらいの人員が必要か、どの時期に採用活動が必要になるかがはっきりし、計画的に採用活動を進めやすくなります。

以下が、お役立ちシート記入例です。

saiyoukeikaku2014_02

▼STEP1 出店計画をかきこむ
「①出店計画」に、2016年の出店計画を書き出します(新規オープンはもちろん、リニューアル・移転なども)。

▼STEP2 採用計画をかきこむ
「①出店計画」を見ながら、「②採用計画」に、採用が必要な人員数を記入。

▼STEP3 スタッフの離職を予想する
「③離職による減少」には、社員やアルバイトが退職するであろう人数を書き込みます。昨年の実績から予測してみましょう。
学生アルバイトなら、卒業などで、離職が多い時期が決まっています。シート上部を参考にしてくださいね。

▼STEP4 2015年、スタッフ募集にどれだけ費用をかけたか?を振り返る
「④昨年の掲載実績」では、2015年、どれくらいの求人掲載に費用をかけたか、またそこで何人採用できたかを記入します。採用単価とは、スタッフ1名の採用にかけたコストのこと。「掲載費用÷採用人数」で、採用単価を計算できます。

▼STEP5 合計をだして、採用予定人数をチェック!
①~④が記入できたら、左端の「⑤合計」を出せば完了です!

2016年の採用計画を「見える化」して、早め早めに対策を!

●予想していたより、多くに人数を採用しなくてはいけないな・・・
●昨年、採用にこれだけ費用をかけていたなんて・・・
など、今後の計画立案はもちろん、昨年の採用活動とコストの振り返りもできます。

採用活動に悩む

年間の採用人数を明確にする、当たり前といえば当たり前ですが、「どうやって把握すればよいかわからなかった」という方は、ぜひ試してみてくださいね。2014年の採用活動を「見える化」することで、計画的に求人媒体に載せたり、人材紹介会社へ依頼したり、という早め早めの動きにつながります。

▼採用計画お役立ちシート、ダウンロード先▼
2016年採用計画立案/お役立ちシート
※URLをクリックし、印刷・保存してご活用いただけます

「今すぐ実践!人材採用力UPノウハウ」では、飲食業界の採用活動に関わるノウハウをお伝えしていきます。
人材採用にまつわる疑問点、課題などありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

人材のことなら何でもご相談下さい
クックビズでは飲食・フード業界に特化し人材採用、人材育成の課題解決を支援する様々なサービスをご用意しております。興味をお持ちいただけた方は、気軽にご相談ください。

今すぐ実践!人材採用力UPノウハウ