自分で考えるチャンスをくれた元上司。他社と比較することなく、独自のやり方で上を目指す!

ファッズ佐野氏対談風景

藪ノ:今回、食のメンターということで、みなさんのメンターをお聞きしています。佐野様の中でのメンターと成りえる方はどなたですか?

佐野氏:先ほど僕の師匠と申し上げた前職の佐伯社長ですね。僕が店長だった時に営業部長をされていました。元々は大手チェーンで異端児って呼ばれていて。でも、あれだけ大きな組織の中で成績がNo.1。その方に、それこそパソコンの使い方からマインドの部分まで、いろいろと教わりました。

予算達成していないと「お前、駅前までリアカー引いて売ってこい!」とか。実際にそこまでするわけではないですけど(笑)。自分の目線を上に向かせてくれましたね。何が自分に足りなかったのか、自分で考えるチャンスをくださるような方でした。もし理論派というか、あれこれ細かく言う上司だったら僕は伸びていなかったかもしれない。

藪ノ:今の佐野様のマネジメントにも影響を受けていますか?

佐野氏:そうですね。意識していますね。これは手取り足取り教える部分じゃない、自分で気づかないと成長できない、という風に。プロセスの説明が必要な時もあります、そこは個人のタイプやその時のテンションを見て判断しています。

藪ノ:なるほど。メンターが、元上司の方というのはちょっと意外でした。今までのインタビュー経験の中では、創業社長さんというと同じ創業社長タイプに対して憧れであったり、メンターを感じておられる方が多かったもので。やはりその方自身にものすごく魅力があったということですよね。

佐野氏:そうですね。他には…、愛知県の中で色々な経営者の方と仲良くさせてもらっていますが、組織とかグループといったものには何一つ入っていないんです。

藪ノ:ライバルとか競合店といった部分も、あまり気にされていない?

佐野氏:みんなそれぞれ目指すところがあるんだから、そこを目指せばいいかなと思っています。他の社長と1対1で飲みにいったり、というようなことはありますけどね。他社と比較するにしても、すごいな~、頑張ってるなぁと思うことは沢山ありますけど、それを自分と比較することはないですね。うちにはうちのやり方がある。経営者同士の付き合いもありますが、あいている時間は、よく社員と一緒に店に行きます。社員との時間を大切にしていますね。

1店舗ごとの質を落とさず、100店舗へ。出店ペースに合った人材確保が今後の課題

藪ノ:新聞などを拝見すると、これからの展開スピードを早めていくと書かれていたのですが、今後の計画について、実際はどんな感じですか?

佐野氏:100店舗っていう目標がありますが、1店舗ずつしっかりと作り込んでいきます。

藪ノ:出店スピードを保とうとすると、どうしても人材の課題がどこかで出てくるかと思いますが。今のところ、どういった部分で課題を感じておられますか?

佐野氏:そうですね…。理念の共有とか、教育とか、そういったものは時間とともに解決していくと思っているので問題ではないですが。ただ、絶対的な必要人数を確保するという部分ですかね。新規のスタッフが出店のペースに合わせて集まるのかっていう。

藪ノ:どういった採用方法をされているんですか?

佐野氏:既存スタッフからの紹介が約半数程度ありますが、大手求人広告媒体を2~3使用していましたね。今は費用対効果が見合わないと思い、一時的に止めてみました。

採用予算上限を区切らず、どんどん費用を投じれば集まるのかも、とは思いますけどね。今まで7年間、ある程度の予算の中からこれだけ集めたいな~と思っていても、求人媒体を使用しての求人大成功!という思いをしたことがない。なかなか厳しいものがあります。

ただ、実際はアルバイトからの社員登用であったり、スタッフの紹介であったり、会社HPからの応募などで希望の半数程度は集まっていたりもします。広告投入のバランスを考えたり、工夫をしながらやっていく必要はあります。今のところ、人数に余裕があるわけではないですがなんとかやっています。今後はそれでは厳しいかなと思いますが。離職率20%ほどなので余所と比べてそんなに高いとは思わないけど。

藪ノ:それは低いですね!その理由はどこにあると思われますか?

佐野氏:沢山ありますが…、成長性だと思います。店が増えてポジションができるから、それもモチベーションになっていると思いますね。あとは、飲食業が好きな人間が集まり、楽しい営業を目指している事です。

藪ノ:広く飲食業界全体の課題としては、店長=しんどい、辛いといったイメージから店長になりたがらない人も増えていると聞いていますが。御社の場合、店舗を増やすのが社内の上昇ムードに繋がるというのは、店長になりたい人が多い、ということですか?

佐野氏:他と比べたら多いとは思いますね。

【次ページ】店長に雑務はさせない!徹底した現場至上主義。ルールに縛られてばかりでは、飲食店の面白みを味わえない >>