[人材を即戦力化し、離職させない方法とは] 第1回は、社員定着率をアップさせる組織作り~企業理念について。セミナーで話された内容をもとに、ご紹介していきます。セミナー講師は、従業員満足度・2年連続日本一に導いた経験をもつ、ChatWork Academy株式会社 代表取締役の加藤利彦さん。

ChatWork Academyでは、小売店や飲食店、中小企業向けに、誰もが働きやすい職場づくりを提案しています。

講演風景5

まず「企業(店舗)理念」をかかげよう

社員が定着するお店や企業には、確固たる理念があると話すChatWork Academy株式会社 代表取締役の加藤さん。ご自身は以前、同社の親会社で人事担当役員を務めていたのだそう。

加藤さん:今でいうブラック企業ともいえるほどのハードワークで、夜中の2時、3時まで仕事。売上は上がったけど、人材が定着しない。年間10人採用して残ったのはゼロでした。我流の経営スタイルでは限界と判断し、親会社の代表が先輩に学ぼうと1000人の経営者に会って話をきくことにしたんです。
そうしたら、社員が定着している会社の共通項が見えてきました。

【うまくいっている会社の特長】

  • ★社員のために自分の時間を使っている
  • ★社員についての愚痴や不満を言わない
  • ★自分の会社、自分の社員のことを楽しそうに話す

加藤さん5
講師を務めるChatWork Academy株式会社 代表取締役の加藤利彦さん

加藤さんこの3つを実践するためには、しっかりとした『企業(店舗)理念』を打ち出すことが重要と多くの経営者に教わり、改革をスタートさせました。自分たちの仕事が、どんなふうに社会と関わって、まわりをhappyにしているか──社員が定着する店にしたいなら、それを意識しながら仕事ができる環境づくり──まずは「企業(店舗)理念」から始めることが大切です。

「企業(店舗)理念」を形にし、社員に伝え続ける
人材採用にも大活躍

──せっかく打ち出した「企業(店舗)理念」は、スタッフにしっかり浸透するように、自社サイトなどに反映させるなど、しっかりと伝えていきたいもの。飲食店のホームページでは、メニューや店の雰囲気重視で、お店がめざすサービスやポリシー、今後のビジョンが掲載されていないものも…。

加藤さん:企業(店舗)理念」は、社員の意識向上を高めることはもちろん、ファンとなる顧客を広げ、求人を打ち出す時にも、大きな力になります。求人を出す時は、給料や条件、待遇面の打ち出しに時間をかけるより、「企業(店舗)理念」のPRに力を入れることが重要です。伝えるポイントは次の5つ。

「企業(店舗)理念」を伝える5つのポイント!

  • ◎会社(店)の考え方、大切したいことをしっかり盛り込む
  • ◎企業、店舗の誕生秘話を入れる
  • ◎今後のビジョンを明確に
  • ◎一緒に働くスタッフの雰囲気が分かるように
  • ◎社長の人柄が伝わるように

 

 

自社サイトの充実

──社長の雰囲気を知ってもらうために、同社では、加藤さん自ら動画で語るページも設けているのだとか。

加藤さん:『企業(店舗)理念』は、背伸びしすぎた内容はNG。“絵に描いた餅”になるだけです。真摯にありのままの志を伝えることが大切です。理念を社員と共有し、次なる人材となる求職者の方にしっかりアピールしましょう。

──中身の濃い自社サイトにしておくと、採用面接時でも、内容の濃い面接ができ、採用率も高まるそうですよ。次回は、人材を即戦力化させる教育についてお伝えします。

講師画像小サイズ

【講師プロフィール】
ChatWork Academy株式会社 代表取締役 加藤利彦さん
同社の親会社であるChatWork株式会社での人事担当役員時代に、労働環境の改善に尽力。
ITの徹底活用により、業務を効率化。社員の負担を減らし、コミュニケーションを円滑に。
株式会社リンクアンドモチベーションの組織診断において、
2年連続で「日本一社員満足度の高い会社」に認定。

■協力
ChatWork Academy株式会社
大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル3階

クライアントサービス案内バナー