イメージ画像:コーヒー豆が散らばったテーブルの上で淹れたてのコーヒーをカップに注ぐ写真

バリスタとして働いていると、専門的な職業であることからさまざまな知識が必要になるでしょう。しかし、実際に情報を集めるとなると時間がかかったり、必要な情報がなかなか見つからなかったりするのではないでしょうか。

では、バリスタはどのような方法で知識を得ることができるのか一緒に見ていきましょう。

バリスタの人が知っておきたい情報とは

イメージ写真:スマートフォンとメモ帳の写真

バリスタの人が入手しておきたい情報にはどのようなものがあるでしょうか?バリスタとしてやっていくために必要なニュースを考えてみましょう。

コーヒーだけじゃないバリスタに必要な情報とは?

ほかのバリスタの情報を知っておくと、客足を伸ばしたい、売上をアップさせたいというときに役に立つでしょう。では、バリスタの情報にはどのようなものがあるのか紹介します。

■新店情報

コーヒー専門店だけではなく、カフェやチェーン店、コーヒーが美味しいお店や、近隣にできた新しいお店など、いち早く情報を入手し、どうして人気なのか?新しい取り組みは何をしているかなど、分析をすることが大切です。

新しいドリンクやメニューの開発、コーヒーに関する知識をつけること、食事やスイーツとドリンクの組み合わせを知り、売上アップを狙いましょう。

■使っている豆や仕事道具

活躍しているバリスタがどんな豆や仕事道具を使っているのかもチェックしておきたいですよね。バリスタマシーンなども種類が豊富なので、気になります。

豆も仕事道具も多岐に渡り、どれを選ぶべきか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。そのようなときに、活躍しているバリスタを参考にできると、さらなる飛躍、成長に役立てるかもしれません。

■専門技術などの情報

バリスタは、ただコーヒーを淹れるだけではなく、お客さまにとって最高の一杯を提供することが重要です。スペシャリストとして、豆の種類から産地や歴史、焙煎や抽出方法、マシンの使い方からメンテナンス方法、ラテアートまで、コーヒーに関することはすべて把握しておく必要があります。
また、なかにはコーヒー以外のドリンクやお酒を提供するお店もあるでしょう。そのため、コーヒー以外の知識も必要となるのではないでしょうか。

飲み物だけではなく、それに合わせたフードについても知識をもっていることは肝心です。
食材とのペアリングについても知っておきたいですね。

■流行の飲食店の情報

流行している飲食店の情報も仕入れておく必要があります。
バリスタとして成功し、ひとりでも多くのお客さまに足を運んでもらうためには、流行している飲食店のアイデアを取り入れることも大切です。
たとえば、お店のデザインです。お店のデザインだけを見て「この店良いな」と思いふらっと立ち寄る人も多いです。

外装ももちろんですが、内装にも注目します。照明、レイアウトはどのようなものでしょうか。お客さまが落ち着ける空間なのか、写真映えするような空間なのか、コンセプトが似ている人気店からヒントを得ましょう。

お店の第一印象を決めるデザインについて学ぶことは、将来、自分のお店を開業する時のヒントになります。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

バリスタ関連のニュースを調べる方法とメリット・デメリット

イメージ写真:コーヒーメーカーにお湯を注ぎコーヒーを抽出している写真

いざ、情報を仕入れるとなると、どうすれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

バリスタという専門的なジャンルなので、簡単に欲しい情報を手に入れることができないかもしれません。
実際にバリスタ関連のニュースを調べるには、どのような方法を取れば良いのでしょう。

人とのコミュニケーションで聞く

まず、考えられるのが人とのコミュニケーションで情報を得るということです。

■飲食関係の仕事仲間

飲食関係の仕事仲間がいるという場合には、情報交換をしてみると良いでしょう。
専門知識をもった人なら、より踏み込んだ情報を知ることができます。現場の生の声は非常に貴重でためになる情報ですよね。

また、意見交換をすることもできるので、インプットだけではなく、アウトプットもすることができ、さまざまな情報の整理にもなります。

しかし、その反面でデメリットも存在します。それは、コミュニケーションを取るためには当然相手の存在が必要という点です。面識の有無、連絡先は知っているのか、会う約束を取ることができるのかなど、さまざまな課題が見えてきます。これらを難なくクリアできるなら良いかと思いますが、そうはいかないとなると時間も手間もかかってしまいます。

また、実際に会うことができても欲しい情報を受け取ることができるかどうかはわかりません。相手がその情報をもっているかは、実際に話してみないとわからないからです。
内容が偏りがちになってしまう懸念もあります。

ネットで調べる

検索エンジンで飲食店の公式情報・口コミ・コラム記事などを調べるという方法もあります。また、コーヒーメーカーやカフェチェーン、コーヒー関連機器メーカーのサイトにも、コーヒーに関する情報は載っています。

頻繁に情報が更新されるため、最新の情報が得やすいのがメリットといえるでしょう。圧倒的な情報量なので、はじめて聞く言葉や情報、専門的なことでも検索結果が表示されます。
横断的に探し、不足している情報を補いながら調べることが可能です。

しかし、取捨選択の頻度が高く、使いこなすのは難しいというデメリットもあります。多くの情報が出てくるので、どれが自分にとって有益な情報か、正しい情報かを見極めなければなりません。

マスメディア

TV・新聞・ラジオなどのマスメディアで情報を仕入れるという方法もあります。
生活者に対して多様な情報を伝えてくれる身近な存在です。
比較的に信憑性が高いことがメリットとして挙げられるでしょう。

TVやラジオは決まった時間に放送されるため、欲しい情報だけをキャッチするのが難しいという課題が挙げられます。

また、専門性の高い情報を得るには、特化した媒体を見つける必要があります。TVやラジオでは専門の番組、新聞には専門誌があるので、欲しい情報が得られるものがあるか確認する必要があるでしょう。

YouTube

近年、注目を集めているYouTubeも情報収集のために役立ちます。
多岐に渡る数多くの動画が公開されており、検索するだけなので簡単です。場所にとらわれず、世界の飲食店やバリスタの技術などが視聴できます。手元の細かな技術などは、文章より動画のほうがわかりやすいかもしれません。

Web検索エンジンと連動されるため、投稿されれば即反映されるのもメリットのひとつでしょう。

ただし、動画のどこに欲しい情報があるのか、視聴し続けていないとわかりづらいという問題もあります。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

飲食業界に特化したニュースアプリがおすすめ

アプリ「ククロ」の説明。食に関するニュースや、飲食人認定でのポイント機能など新機能が2月1日リリース

バリスタとして、または飲食業界で働く上で知っておきたい情報を入手するなら「ククロ」で情報収集をしてみてはいかがでしょうか?
「ククロ」は飲食業界の方のために開発されたニュースアプリです。食に関する情報を入手することができます。毎日ニュースを配信しているので、最新情報を入手することができるのもおすすめしたいポイントのひとつです。

選びきれないたくさんの媒体から情報を入手するには、時間も手間もかかります。しかし、「ククロ」ならアプリをダウンロードすれば毎日簡単に情報を入手することが可能です。

バリスタに関する情報だけではなく、飲食業界全体の情報を入手することで、お店を盛り立てるコツや集客方法、売上アップにつながる対策など学びを得ることができるのではないでしょうか。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

編集後記

バリスタとして仕事をしていくためには、さまざまな知識が必要ですよね。
豆の知識、マシンの知識、技術の知識など専門的なことから、お店を盛り立てるコツやトレンドなど多岐に渡ります。

知りたいことを集めようとなると、かなりの時間や手間が必要になることでしょう。
そのような場合にはぜひ「ククロ」をご利用ください。アプリをダウンロードすれば、毎日最新情報を入手することができますよ。