農業雇用支援サービス「farm+biz(ファームビズ)」担当の杉谷です。farm+bizが始まってちょうど1年。高知県での1年間の農業インターンシップ事業を通して、地域が元気になるためには、人の成長、人の活性化が欠かせないものだと痛感しました。

そこで9月13日(土)に、farm+biz一周年トークイベント「地域×人ヂカラ」を開催。場所は、大阪市難波にある「まちライブラリー@大阪府立大学」。今、自分がいる場所をもっと面白くしたい人、地域を盛り上げていきたい人は、ぜひ遊びにきてくださいね。個性あふれるファシリテーターとともに、人の成長と交流の輪がもたらす底ヂカラについて考えてみませんか。

farm+biz一周年「地域×人ヂカラ」

テーマは「地域×人ヂカラ」参加者みんなでディスカッションしよう

テーマは「地域×人ヂカラ」。第一部ではこの1年をふり返るとともに、高知県でトップクラスの移住サポートを誇る「NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク」の川村夫妻にご登場いただき、これからの田舎暮らしについて語ってもらいます。

川村さんは、高知県のUターン組。子どもの誕生を機に、関西から家族とともに高知県れいほく地域に帰ってきました。しかし高知県は少子高齢化が加速し、若手がどんどん都会に出ていく状態。「念願の田舎暮らし。自然を身近に感じながら過ごす毎日。そこには、やっぱり人がいなくちゃ!たくさんの人が集まればもっと楽しくなるはず」と移住者仲間とともに、田植えや手作り市などイベントを次々に企画。

移住サポートを行うことで、地域外の人の行き来も増えて、今では高知でもトップクラスの移住支援団体に。「みんなで一緒に活動するって楽しい!まずは自分たちが楽しむことが大切」と語る川村幸司さん。講演の後も、第2部でじっくり話す機会もあるので、移住や田舎暮らしに興味のある方はぜひ相談してみて。

川村幸司さん

NPO法人「れいほく田舎暮らしネットワーク」事務局長  川村幸司さん

第2部では、農、食、暮、遊、ARTのテーマ別に分かれて、ディスカッション。ファシリテーターは、コミュニティデザインを専門とする大学の先生から、玉造のご当地キャラ仕掛け人など、個性あふれる方々がせいぞろい。楽しい話も聞けそうです。興味のあるテーマを自由にチョイスしてください。席の移動も自由ですよ。

藤田ツキト1

▲玉造ご当地キャラ「とらとうちゃん」の仕掛け人 藤田ツキトさん

陸奥さん

▲大阪七墓巡り復活プロジェクトなどで知られる観光家、コモンズデザイナーの陸奥賢さん

高知県産の野菜を使った軽食も用意!食べて寛いで、楽しい時間を共有しませんか

参加は誰でもOK。予約がベターですが、当日も受け付けますので、気軽にお越しを。

高知県れいほく地域で収穫したフレッシュな野菜を使ったスムージーや、米粉を使った軽食などをご用意。カフェにいるかのような気分でゆったり寛ぎながら、まちづくり、地域おこし、人材育成についてディスカッションを楽しんでくださいね。まだまだ話し足りないという方は、イベント終了後の2次会交流会にご参加を。なんばパークス内(実費)で予定しています。

また会場となる「まちライブラリー@大阪府立大学」は、利用者全員で育てるライブラリーです。イベントに参加したい方は、イベントのテーマに見合うと思う本を、当日一冊以上、寄贈をお願いします。中古でOKです。当日、会場に「地域×人ヂカラ」の図書コーナーも設ける予定です。みなさま、どうぞご協力くださいね。
※テーマ/地域・人・農・食・暮・ART・遊
会場写真

■farm+biz 一周年トークイベント「地域×人ヂカラ」

日時/9月13日(土)14時~17時
1部 farm+biz講演会「地域×田舎・農業」
川村幸司&圭子(ゲスト講師)
「山カフェから見えたこれからの田舎暮らし」ほか

2部 テーマ別トークカフェ「地域×人×!?」
農・食・暮・遊・ARTの5つのテーマから自由にチョイス
※ファシリテーターの詳細は、farm+biz公式サイトを参照
http://farmbiz.jp/talkevent0913/

会場/まちライブラリー@大阪府立大学
大阪市浪速区敷津東2丁目1-41 南海なんば第1ビル 3F
南海なんば駅 中央出口より約800m (徒歩約12分)
http://opu.is-library.jp/

参加費/1000円 (ドリンク+軽食付・定員50人)
お申し込み・お問い合わせは電話かwebサイトから
TEL 06-6374-9912  担当:farm+biz(ファームビズ)杉谷
http://farmbiz.jp/talkevent0913/