焼酎は自分好みの割り方で美味しく飲むことができます。

ビールやワインとは違い、割って楽しむ事が出来るのが特徴です。

飲み方は定番のお湯割りやロックだけではありません。サワーや梅干しを入れるのも焼酎アレンジの1つです。
焼酎が嫌いな方も、種類や飲み方を変えるだけで美味しく焼酎を飲むことができます。

出来上がっている焼酎は飲むことは出来るけど、割り方、焼酎の作り方がわからない方も多いと思います。
そんな、みなさんに楽しい焼酎の割り方飲み方をご紹介します。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

焼酎の種類

焼酎の分類は「甲類」と「乙類」、その2つを混ぜ合わせたものの3種類に分類されます。

「甲類」は主にチューハイなどでよく使われていて、ピュア焼酎ともよばれ癖のない焼酎です。自家製梅酒の原料などにも使われます。

「乙類」は本格焼酎と呼ばれていて、原料の香りが焼酎についているのが特徴です。焼酎の味を楽しむ飲み方に適しています。

本格焼酎は焼酎を作る原材料によって違い、主な本格焼酎は、

  • 芋焼酎
  • 麦焼酎
  • 米焼酎
  • 黒糖焼酎

です。他にも変わり種のタマネギ焼酎やしそ焼酎などもあります。

焼酎の味を楽しむ本格焼酎は芋焼酎や麦焼酎それぞれに合った飲み方があります。
また、焼酎に少しアレンジを加えるとさらに味に広がりができより美味しく飲むことができます。

本格焼酎を前提に美味しい飲み方割り方をご紹介していきます。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

焼酎の飲み方-基本編-

焼酎のロック

焼酎本来の味を美味しく飲む飲み方は、

  • ストレート
  • ロック
  • 水割り
  • お湯割り

です。聞いたことある飲み方ばかりですね。

順番に飲み方をご紹介していきます。

焼酎ストレート

まずはストレート。芋焼酎や麦焼酎がおすすめです。

飲み方は、焼酎をそのままグラスに注ぎ、口に含んだ香りやとろみを味わいながら飲みます。
焼酎を少量口に含み、かるく舌の上で転がす様に飲むと、口の中で味の広がりが楽しめます。

カップは、透明のガラス製で厚みが薄い小さめのタンブラーにすると、色や口当たりをより味わうことができます。

焼酎ロック

次は定番のロック。氷です。麦焼酎、米焼酎、芋焼酎などがおすすめです。

飲み方は、大きめの氷をカップに入れ、焼酎を注ぎます。
大きい氷を使うことで氷が溶けにくく、焼酎の濃度が薄くならずに焼酎が楽しめます。

焼き物のカップやクリスタルグラスで飲むと、飲むとき氷がカップにぶつかり、音を楽しみながら飲むことができます。

また大きい氷を入れるので飲み口が広いカップの容器を選ぶといいですね。

焼酎水割り

意外と少数派?水割りです。
実は水割りが一番焼酎の底力的な味が分かります。

焼酎そのままだと濃いですよね?
なので水で薄めます。そうすることで、薄めても美味しい焼酎。薄めると味が足らない焼酎、味が無くなる焼酎ががわかります。

水と焼酎の割合は

  • (水) 4:6 (焼酎) 濃いめ(アルコールは約15度)
  • (水) 5:5 (焼酎) ふつう(アルコールは約12.5度)
  • (水) 6:4 (焼酎) ふつう(アルコールは約10度)
  • (水) 7:3 (焼酎) 薄め(アルコールは約7.5度)

焼酎と水の割合は水が半々から少し多めがワインと同じぐらいのアルコール分に割ることができます。

氷は冷たくなりすぎない程度に入れてください。できれば氷を入れずに冷たい水で割るとより美味しく飲めます。

ミネラルウォーターを選ぶ際は「軟水」がおすすめです。

焼酎お湯割り

寒い時期は温かいお酒が飲みたくなります。最後はお湯割り紹介です。

お湯割りは、焼酎を温かくして飲むことで甘みや香りがより強く感じることができます。
お湯割りにすると芋焼酎の甘みが特にわかりやすいです。

お湯と焼酎の割合は水割りと一緒ですが、少し焼酎が濃い目の方が好まれています。

お湯割りの飲み頃温度は、お風呂と同じぐらいが一番甘みを感じて美味しい温度です。
ぬるめのお湯30℃台のお湯割りもまた違ったコクを味わうことができます。

お湯の温度が80℃なら (お湯) 5:5 (焼酎) の場合、約45℃お湯割りができます。(焼酎の温度は10℃)

お湯割りを飲む焼酎カップは、温かさが手にじんわりと伝わる陶器がおすすめです。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

焼酎の飲み方-梅編-

梅割

食事に飲み物に、食卓で登場するみなさんもよく知っている梅です。梅は焼酎トッピングの定番です。

女性に特におすすめな梅。
梅干しだけではなく「梅」を使った焼酎、実は女性に人気の梅酒も焼酎で割って楽しむことができます。

それでは、梅の特徴を活かした焼酎の飲み方や割り方をご紹介します。

梅干し入り

梅干しの酸味、塩味が味わえます。梅を少しずつ潰しながら飲みます。

梅干しは酸っぱい系が好まれますが、甘い系(はちみつ)の梅干しでも少し甘みをプラスして飲むと美味しく飲めます。

おすすめ飲み方は、ロック、お湯割り、水割り。

梅酒割り

梅酒をそのままではなく、焼酎+梅酒+(ロックや水割り)で楽しみます。

梅酒を使った梅酒割り焼酎の美味しい飲み方をご紹介します。
カップいっぱいの”クラッシュアイス”に焼酎を半分ほど入れて、残り8分目あたりまで梅酒を入れます。”クラッシュアイス”を混ぜながら飲むと最高に美味しい梅酒割りができます。

梅の酵素シロップ割り

梅で作った「酵素ジュースの素」が酵素シロップです。美容や健康に興味ある方におすすめの飲み方です。

作り方はかんたん 焼酎+梅酵素シロップ+(水やソーダ)です。
焼酎のアルコール分を薄めの 数%程度 になるようにしてビール代わりに飲むと夏場生き返るように美味しいです。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

焼酎の飲み方割り方-アレンジ編-

焼酎サーバー

焼酎はいろいろなもので割り方を楽しめる魅力があります。
知っていると通に、ハマると飲みすぎてしまう、ちょっと工夫をこらした一味違う焼酎の飲み方割り方のアレンジ焼酎をご紹介します。

カッパ割り(河童)

焼酎の水割りにスライスしたきゅうりを入れて飲みます。
爽やかなメロンの様な風味が楽しめます。

きゅうりは二日酔いの予防にも効果があると言われています。

金魚割り

焼酎ロックにシソ(大葉)と唐辛子(鷹の爪)を入れて飲みます。
シソの香りと唐辛子の辛さがくせになります。

グラスの横から見ると唐辛子が金魚の様に見えるので金魚割りと言われています。

お茶割り

焼酎水割りの水の代わりにお茶を入れて飲みます。
ウーロン茶、緑茶、ウコン茶などいろいろなお茶で焼酎を割って飲むことができます。

ついつい飲みすぎてしまうお茶割りです。

ご紹介した以外にも、ジャスミン茶割りや香草を使ったパクチー割り、柑橘系のみかん割りなど美味しい焼酎の割り方がたくさんあります。ぜひいろいろな飲み方を試して下さい。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク

まとめ

焼酎の飲み方は今回紹介した以外にもいろいろな飲み方があります。
同じ焼酎でも飲み方を変えると違った焼酎の顔が見えくるので、1つの焼酎がたくさんの味に変わることができるんです。

お酒が弱い方も、水割りやソーダで焼酎を薄めにして楽しめます。お酒が好きな方はストレート、ロック、お湯割りとみんなで楽しく飲めるのが焼酎です。

お店で飲むときには、焼酎にこだわるお店より、飲み方(割り方)にこだわるお店なら焼酎を最大限に美味しく飲むことができると思います。

みなさん美味しい焼酎の飲み方で楽しんでください。
焼酎は飲み方で味が変わる!おいしい焼酎の作り方のご紹介でした。

ククロサービスページへのリンク
ククロのApp Storeへのリンクバナー Google Play storeへのリンク