(出典:http://www.shanghainavi.com/special/5043347)

皆さんは辛いものはお好きですか?
筆者は得意ではないのですが、たまにとても食べたくなります。

ただ、世間で食べる“辛いもの”なんてたかが知れています。
だって“食べられる”のですから!

世の中には”食べられないくらい辛い”ものがあります。
(*実際は食べられますが、危険なので生食はオススメできません。ランキングはスコヴィル値の高い順になっています)

今回はその中のTOP3をご紹介します。
ちなみに、皆さんがご存知の“暴君”ハバネロは第4位です!

*ハバネロは食べられます!

karai02

(出典:http://www.mex-f.com/food/syokuzai/habanero-nama.html

今回はランキングするにあたり「スコヴィル値(単位:SHU)」というものを使用します。

これは、辛味受容体を刺戟するカプサイシンを計った値です。
数値が高ければ高いほど”辛い”ということになります。

参考までに、ピーマンやシシトウは0SHU、タバスコは1,500~2,500SHU、ハバネロは圧巻の25万〜45万SHUです。

第3位 ブート・ジョロキア

karai03

(出典:https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/3987/12030

2007年にギネス世界記録で「世界一辛い唐辛子」に認定された唐辛子です。
*現在は第1位の唐辛子が世界一

その値はハバネロの約4倍の100万SHU!!!
一応生食も可能なようでですが、基本的な用途は香辛料です。

辛いを通り越して”痛い”らしいので、食べるのはあまりお勧めできません。


参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%A2

第2位 トリニダード・モルガ・スコーピオン

karai04

(出典:http://item.rakuten.co.jp/cayenne/002-123/

さらに数値は上がり、ハバネロの8倍…200万SHU!!!!

素手で触るのも危険で、触れると炎症の恐れがあります。
さらに、汁などが皮膚に着くと炎症をおこし、目に入ると失明の恐れがあることから防護服を着ないと調理できないととも言われています。

これは少し大げさかもしれませんが、それほど危険な辛さということです。

第1位 キャロライナ・リーパー

karai05

(出典:http://www.geocities.jp/mitijunreine2/uenihauega.html

「キャロライナの死神」という名前をもつこちらが現在最も辛く、そして最も危険な唐辛子です。
その値は…ハバネロの12倍…300万SHU!!!

直接種ごと食べると“死ぬ”とすら言われている唐辛子です。
直接皮膚で触ると火傷したり、目に入ると失明します。

大変危険な唐辛子で、基本的に食べるものではありません。
飲み込んでも胃に残るので後々気分が悪くなったりします。


参考:http://hotnews-5656.blog.so-net.ne.jp/2013-12-28-1
参考:http://matome.naver.jp/odai/2140125875250694301?&page=2

食用じゃない唐辛子の使用方法っていったいなんなのでしょうか?
ここまでの辛さはもはや“痛み”になるそうなので、動画のように不用意に食べないようにしてください。