あつあつのおでんの画像

寒い季節には、あったか~いおでんが食べたくなりますよね。いまやコンビニで気軽に買うこともできる、日本国民にとって冬の定番メニューのひとつ。でも実は、エリアによって味つけや具材に、地域差があるのだとか!関東と関西のおでんの違いに迫ります。

「おでん」の定義

おでんのルーツは、室町時代に流行した「豆腐田楽」。種を串に刺して焼いた「焼き田楽」や、種を茹でた「煮込み田楽」などもあったそう。時代とともに進化を遂げたおでんは、江戸時代にはファストフードとして庶民に愛され、やがて煮込みおでんへと変化し、現代の定番料理となったのです。
紀文食品ホームページより引用)

さて、気になるおでんの定義は、「煮物」とはっきり区別されていないようなのですが、どうやら串に刺して煮込むものを指すのだそう。ただ現在ではほとんど串に刺さってはいないですよね。いつまで串に刺さっていたか明確にはわかりませんが、現在でも専門店などで串差しおでんが見られるのは、そのころの名残なのでしょう。

次に、おでんの具材の人気ランキングをご紹介!「大根」はダントツの1位ですが、それ以外はかなり僅差なのがわかります。

「おでん種人気ランキング2018」

おでん種 割合
1位 大根 24.6%
2位 餅入り巾着 6.9%
2位 はんぺん 6.9%
4位 ちくわぶ 6.1%
5位 がんもどき 4.6%
6位 玉子 3.8%
6位 厚揚げ 3.8%
6位 昆布 3.8%
9位 ウインナー巻 3%
9位 こんにゃく 3%

(出典:一正蒲鉾株式会社 おでん種人気ランキング2018
※2018年12月19日現在。投票によるランキングのため順位変動あり。最終結果発表は2019年2月28日

またおでんは全国的に食べられていて、沖縄でも「沖縄おでん」として家庭や居酒屋などで大人気!沖縄おでんの主役はなんといっても“豚”。「テビチ(=豚足)」をぐつぐつ煮込み、トロみのついた出汁と一緒に楽しみます。もう一つの定番具材が“葉野菜” 。テビチと共に、ヘルシーに頂くのが沖縄流なのです。

沖縄伝統料理の豚足テビチの画像

関東と関西でこんなに違う!?「おでん」の東西差

関東と関西で異なる呼び方やダシの味付け、具材の特徴をまとめました。

<関東>
関東ではもともと「煮込み田楽」と呼ばれていました。現在では「おでん」と定着しています。味やダシの色を濃いめに作るのが特徴です。
ダシの基本は昆布とかつお節ですが、その後の味付けに濃口醤油やみりん、砂糖などで甘辛く、しっかりとした味付けにして煮込みます。
また“ちくわぶ”や“はんぺん”などの練り物の具材が多く好まれています。

<関西>
関西ではおでんのことを、「関東煮」や「関東炊き」とも呼びます。もともとの発祥地が関東だったことから、そのように呼び方がつきました。
関西風のダシは、関東風と比較するとかなり薄めの味付けで、しょうゆも薄口を使い、調味料は調整する程度にとどめます。ダシ自体の色も透明に近いのが特徴です。
具材はタコ足や牛すじ肉などが挙げられます。

このように、「おでん」と一口にいっても、関東と関西では作り方・味つけ・具材(種)にいたるまで、かなりの違いがあることがわかります。


【次ページ】気になる!日本全国の“ご当地おでん >>