(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/)

ただの観賞用ではない?知ってる人は知っている”鯉”の食材としての魅力

こい・恋・鯉・・・

今回は、鯉(コイ)の食材としての魅力についてご紹介します。

鯉で有名なのは“錦鯉”(ニシキゴイ)です。

nishikigoi

(出典:ウィキペディア

ニシキゴイは鯉を観賞用に斑点や色彩鮮やかになるように養殖した変種なんです。

一般的な野生の鯉はこんな感じです。

yagoi

(出典:ウィキペディア

なんだか普通のお魚のような見た目で鮮やかさなどはあまりありません。

そして、鯉というのは淡水魚なのであまり食材には適していません。
というのも、淡水魚だと寄生虫がついていたり、臭みが強かったりといった問題があるからです。

さらに、鯉の胆嚢にはコイ毒と呼ばれる毒が含まれている場合があり、これを食べると下痢や嘔吐、痙攣・麻痺などの症状が現れ最悪の場合死に至ることもあります。

こんな、色々と食材としては不向きなような鯉ですが、実はしっかりと調理したり、食用に養殖されているところでは美味しく食べることができるんです。
それに、鑑賞用の錦鯉も高級ですが、食用の鯉も江戸時代などには将軍様に提供されていたほどの高級食材なんです。

鯉こく

koi_koikoku

(出典:信州佐久・佐久鯉ガイド

鯉こくとは、輪切りにした鯉を味噌汁で煮た味噌煮込み料理です。

江戸時代には盛んに食べれられており、淡水魚で臭みの強い鯉にはもってこいの調理法だといえます。

鯉は食感がコリコリとしているので、鯉こくも食感を楽しみましょう!

そこまで味を主張してくる魚ではないので、味噌で煮込むと味噌の味が強くなってしまいます。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AF%89%E3%81%93%E3%81%8F
参考:http://park1.wakwak.com/~barchetta/koi/rcipe/recipe.html

鯉の洗い

koinoarai

(出典:四季の裏五頭

こちらは、いわゆる刺身です。

正確には、刺身を冷水(氷水)に潜らせて身を引き締めさせる調理(洗い)を施した鯉料理です。
プリッと引き締まった身はコリコリとした食感で非常に美味しいです。

ただし、生きた鯉を採ってきてすぐ調理しなければ洗いとして食べることはできません。
新鮮さが命です。

なので、専門店や鯉の養殖を行なっている地域でしか食べることはできません。

有名なところを1つ挙げておくと、長野県佐久市の”佐久鯉”は有名です。
昭和初期には宮内省で振る舞われていたほど品質は天下一品です。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%97%E3%81%84
参考:http://www.sakucci.or.jp/koipj/the_carp/the_sakugoi.htm

その他

塩焼き

koisio

(出典:maimoな生活

甘露煮

koikannoni

(出典:南信州産直通販「そうきち」

それ以外にも、一般的な魚の調理方法でも食べられています。

食べることができる場所

食用としての鯉を扱っている地域は日本でも限られています。

長野県佐久市

220年以上の歴史を誇り、宮内省御用達だった伝統ある養鯉の地域です。

山形県米沢市

米沢鯉として、米沢市の米沢牛とならぶ名産品の一つになっています。
こちらも200年近い養鯉の歴史があります。

注意

鯉は繁殖力や環境への適応力が高いので、日本のいたるところに分布していますし、釣りをしていると釣れることもありますが、知識なしに調理してはいけません。

はじめにも書いた通り、鯉にはコイ毒といわれる毒がありますし、苦玉という調理過程で潰してしまうととても苦くなる部位がありますので、知識がない人が調理するのは非常に危険です。

美味しい鯉は専門のお店で食べるようにしましょう!