こんにちは。クックビズ総研のカリンです。皆さんは「ババヘラアイス」って知っていますか?

ババヘラとは主に秋田県で販売されているシャーベット状のアイスで、その名前の由来は、高齢の女性(ババ)が「ヘラ」でアイスを盛り付けてくれることから「ババヘラ」と呼ばれています。

Babahera002

(ウィキペディア)

ババとは失礼な!となりそうですが、「ババヘラ」の呼称は、有限会社進藤冷菓により2002年に登録商標として申請・登録済みとのことで、どうやら「ババヘラ」で問題ないようです。

実はこのババヘラ、名前もユニークですが、いろいろ面白い特徴があるんです。今回、秋田県出身の筆者が「ババヘラ」を余すことなく紹介します!

どこで売っているの?

秋田県の道路沿い、お祭りや運動会などの各種イベント、サービスエリアなど。秋田の国道沿いを車で走っているとランダムエンカウントします。

ビーチパラソルの下でほっかむりをしたおばあちゃんが座っていたらそれはババヘラ。おばあちゃんの前にはアイスの入った大きいステンレス缶がセットされています。

いつも決まった場所にいるわけではなく、昨日はいたのに今日はいなかったり、ちょっと場所を移動してたりと何ともかけひき上手。

Babahera001

(ウィキペディア)

ババヘラにはミステリアスな一面も。その一つがトイレはどうしているのか?ということ。

お祭りや各種イベントはわかるのですが、何もない道路沿い担当の方はどうしているのでしょう?私は約20年間秋田に住んでいましたが一度も席を外しているところを見たことがありません。

秋田県の方はお分かりになると思いますが、徒歩圏内にトイレがあるとは思えない場所にもいらっしゃいます。

まさかキオスクのように「トイレ交代要員」みたいな方がいて巡回しているのでしょうか?こちらに関しては解明することができませんでした…。

いつ買えるの?

販売時期は大体、3月の後半から11月上旬くらいまで、時間帯ははっきり決まっているわけではないようですが、朝の9時前後から夕方17時前後までです。

ちなみにですが、早朝、数人単位でワゴン車で各持ち場に送迎され、夕方に撤収という流れのようですね。

値段は200円〜300円程度です。

味はどうなの?

このババヘラ、画像の通りピンクのイチゴ味とイエローのバナナ味の2種類がコラボレーションしたアイスで、強いて言えば食感はシャーベットより細かくてジェラートよりはあっさり…といったところ。

甘すぎず、重すぎないのでその場でおかわりする人も多いのだとか。イチゴ味とバナナ味とは言うものの、両者の味にそんなに違いはありません。

何ともいえない懐かしいような味で非常においしいのですが、何のアイスにも似ていない、「ババヘラ味」なので、ぜひ実際に体験してみてください。

439b8c23

(ワンコイン的食べ歩き生活。)

通販でも販売されています。

有限会社 進藤冷菓

販売員は“ババ”だけなの?

若い女性が売り子の「ギャルヘラ」「アネヘラ」も採用実績はあるようですが、基本的には中高年の女性を募集しているようです。

売り子はほとんどが農家の方で、職業柄、体力・忍耐力がすばらしいのだとか。

私は1回だけ高齢男性が販売している「ジジヘラ」を見たことがありますが非常にレアだと思われます。

余談ですが、バラの形に盛り付けてくれるテクニシャンの売り子もいます。会うことができたらラッキーですね!

いかがでしたか?ババヘラが食べたくなってきませんか?

「お姉さん」と呼ぶとオマケしてくれるとかしてくれないとか。

ぜひ、「ババヘラ」を堪能しに秋田県へ遊びにいってみてください!