女性の料理人

こんにちは!飲食専門キャリアアドバイザーの三輪です!
わたしは仕事柄、東京を中心に、日々、多くの飲食店・外食企業さまから、人材採用のご相談をいただいています。

特に最近、よく伺うのが、「職人ではなく、企業でステップアップしたいと考える料理人はいないか?そういう人材をぜひ紹介してほしい」ということです。

競争が激化し、「料理だけ作る人はいらない」時代へ!?

職人ではなく、企業でステップアップしたいと考える料理人とは、美味しい料理だけ作れる料理人ではなく、おいしいものを作って、利益を出せる料理人のこと。
あるとき、面談に、一人の料理人がいらっしゃいました。

割烹や懐石料理店で、10年近くつとめ、和食料理人として申し分ない経歴。

希望されたのは、「居酒屋に転職したい」というもの。

「本格店で経験されていますが、いわゆるチェーン系の居酒屋でも、仕事に満足できますか?」と率直に聞いてみたところ、「自分は経営を学びたい。料理人でなく、経営者になりたいから、ノウハウが蓄積されている企業にはいりたい」とのこと。

こんな方であれば、どんな飲食店・外食企業でも歓迎されます。

料理の腕より、協調性、和を保つ・・人間性が求められている

逆に・・・・「俺の料理うまいだろ」「調理技術あるんだから、高い給与をくれ」
という方は、ほとんどの飲食店・外食企業が採用を敬遠します。

昔は「料理人は腕一本」と言われていました。
しかし、今は大きく変わってきているのです。

その背景として、料理技術があると自負して、

  • くわえタバコで出勤する・・・
  • 朝礼にきちんと参加しない・・・
  • 周囲とコミュニケーションを取らない・・・

組織になじもうとする「組織志向性」が全くない。
その様な料理人の方に困っている飲食店・外食企業がたくさんあるという事実があります。

裏を返せば、「組織志向性」のある人材への需要が高まっているということでもあります。

女性の料理人が料理の仕上げを行なっている

どんな飲食店・外食企業でも、こぞってほしがる料理人とは

今、求められているのは、

  • 店舗経営・利益を考えた上で、おいしい料理を作るという姿勢のある人。
  • 人を教えられる人、周りへの気遣いができる人。
  • 調理だけでなく、マネジメントまで学びたい人。

上記に当てはまる要素があれば、某大手外食チェーン様、安定成長企業様など、こぞってほしがる人材になれます。

ちなみに、これら全て、経験・キャリアではありません!
仕事への姿勢、意欲面についてのこと。今はそうではなくても、上記のように変わっていきたいんだ、ということであれば、働く場は広がります。

また、料理人だけでは、収入の限界もあり、調理業務だけでなく、マネジメントを学んでいきたいと考える方であれば、収入UPも可能です。

消費税UPをひかえ、ますます競争が激化するとされる飲食業界では、

  • 組織の一員として、周囲との和を保てるか?
  • 人とのコミュニケーションを大切にできるか?
  • 経営・マネジメントまで学ぶ姿勢はあるか?

そんな料理人こそ、求められています。

長文お読みいただき、ありがとうございます!

転職支援サービス