笑顔で接客する原田店長

国内で生産されたこだわりの生野菜を使い、作り置きはせず、オーダーを受けてから丁寧にハンバーガーをつくって提供する。このワードだけで「あ、モスのことだ!」と気づく方は多いはず。それほどまでに私たちの身近にある『モスバーガー』は、”食を通じて人を幸せにすること”の経営ビジョンのもと、1972年の創業から現在まで、多くの歴史を創り上げてきました。

2013年には、モスバーガーの運営を担う『株式会社モスストアカンパニー』が誕生。モスバーガーチェーン本部である「株式会社モスフードサービス」100%出資の基盤のもと、全国で約200店舗を運営しています。今後も年間40〜50店舗の新規出店を手掛けながら、更に美味しさと笑顔の輪を広げていく予定です。

前編では、モスバーガーでのアルバイトデビューから、新卒入社した企業の退職、『株式会社モスストアカンパニー』に中途入社したその後についてお話しを伺いました。後編では、店長昇格時の想いや、今後の目標、将来の夢などを中心にご紹介します。

▼プロフィール
原田 祐成(はらだ ゆうせい)さん
1990年5月生まれの牡牛座、B型。熊本県出身。
高校時代、同県にあるモスバーガーでアルバイトデビュー。大学卒業後は新卒として食品関連企業へ入社。その後、株式会社モスストアカンパニーへ中途入社。
熊本県と滋賀県の店舗で一般スタッフを経験したのち、大阪・高槻のオープニングで店長へ昇格。現在はモスバーガー南森町店の店長として活躍中。
アルバイト5年、社員9年。モス歴トータル14年。

初めての店長職はオープニング店舗

慣れ親しんだ熊本県での店舗経験を経て、次に配属になったのは滋賀県の店舗でした。九州とはまったく違う地域性に揉まれながらも成長を実感していく日々。次世代の店長候補として、先輩や同僚から学ぶことも多く、挫折しそうな時も周りの支えがあったからこそ乗り越えられたそうです。
原田店長曰く、「モスの良さは、人の良さ。孤独を感じない上下左右からのサポートこそ、人が育つ環境」とのこと。

編集部:滋賀県の店舗から大阪の高槻の新店へ、立ち上げ店長として来られたそうですが、通常営業とは全く違う経験を積まれたのでは?

原田店長:そうなんです。大阪という土地も初めてでしたし、オープニングというゼロからイチを生み出すという貴重な経験をしました。
常に考えることがいっぱいで頭はパンク寸前!でも近隣店舗からの応援や本部からのサポートなどがあり、その時ほど横の繋がりに感謝したことはなかったですね。アルバイト時代では知り得なかった関係性が初めて見えた瞬間でした。「ああ、モスに戻ってきて良かった」と心から想った出来事です。

編集部:一般社員から店長へのステップアップ。心境や意識に違いはありましたか?

原田店長:これまでは店長という大きな存在がありました。その存在が私になったことで、気が引き締まりました。ただ、夜も眠れないような苦労はなかったと思います。なぜなら熊本や滋賀でしっかり学ばせていただけたので、充分な準備期間があったからです。
ひとつ言えるとしたら、私次第で店の雰囲気が決まるということ。先ほども言いましたが、熊本でのアルバイト・社員経験が今もしっかり活きていますね!

求人募集中

cookbiz

smaregiブランド50周年!関わる人の"繋がり"を大切にする『株式会社モスストアカンパニー』特集

現在、数年先、そして将来への想い

高槻店でオープニングの立ち上げを経験した後、現在の南森町店へ配属された原田店長。将来のビジョンも見据えながら日々業務にあたられています。何度も口にされるのは「人との繋がり」。店長になった今も定期MTGやエリアMTGに参加することで、新たな発見ができることが楽しい!と語ります。

編集部:店長職も板についてきたと思いますが、直近でいちばん嬉しかったことは何ですか?

原田店長:ありますよ!アルバイトさんから「最近お店の雰囲気が良い。店長の影響が出てますね」と言ってもらえたことです。私の中での目標だったことが、自分以外の方に評価してもらえたのは感動的でした。またモチベーションが上がりました。嬉しいですよね、本当に。

原田店長と南森町店のメンバー

編集部:働く側からしても、その一言に喜んでもらえるのは嬉しいことですね。繋がりや関係性をとても大事にされている原田店長にとって、今後の目標はなんですか?

原田店長:まずは現店舗の社員を店長に育成すること。私にとっても大きな第一歩になりますし、”育成”の実績をしっかり詰んでいきたい。そして彼にも店長としてのやりがいを実感してほしいです!

私自身の目標はSVになること。今、下園さん(西日本支社 SV・下園 友佳さん)が担当してくださってるのですが、店舗からすると本当に頼れる存在で。だから私もより多くの店舗やスタッフに関われるようなSVになりたいです。現場に寄り添う、って言葉では簡単ですが、実際は複雑かもしれません。でも私の経験から、ひとつでも新しいことを生み出して行きたいと思っています。
そして将来は、西日本支社の管理部門にキャリアアップしたい。ヒトモノカネを扱う部署で、今よりもっと働きやすい環境をつくっていく。私がそうだったように、現場の店長や社員をたくさんサポートできる立場になることが夢ですね。それまでもっと経験を積んでいきたいです!

編集部:本日はありがとうございました!最後に転職を悩んでいる方や現状に迷いがある方にメッセージをお願いします。

私の人生はモスバーガーで変わりました。
自分を変えるのも、人を育てるのも自分自身です。人を大切にしたいのなら、まずは自分を大切にすること。この言葉を胸にこれからも”良い仕事”をしていきたいです。

まとめ

いかがでしたか?『株式会社モスストアカンパニー』の雰囲気を感じとっていただけたでしょうか?全国200店舗以上を展開するメガチェーンとして成長を続ける企業でありながら、スタッフ一人ひとりを大切に育てる社風は、長きに渡る企業努力が実を結んだものです。

今回取材した原田店長は、モスバーガーでアルバイトを始めてから14年になります。前に出ることが苦手だった少年が、現在では人との繋がりを最も大切にしていることから、その成長過程を知ることができました。
「人は大事にしよう」「明るく元気で素直であれ」。この2つをモットーとしながら、愛されるSVや管理職へ。原田店長のステップアップを期待しています!

▼前編はこちら

楽しく、時に厳しく。モスと歩んだ14年。すべての出会いが「私」を育ててくれました<前編>


>この記事をはじめから読む