カフェの店員

チャンバーとは?

チャンバーとは、飲食店にある大きな冷蔵庫、冷凍庫のことを言います。
主に、飲食店の調理場で使われる業界用語です。

「チャンバーから、●●を取ってきて」と言われたら、冷蔵庫から●●を取ってきてということ。
迷わないように頭の片隅にいれておきましょう。

由来は英語の「chamber = 部屋、室、空間」から来ているとか。

ヤマとは?

「ヤマ」とは、「売り切れ」「品切れ」「在庫切れ」のこと。
飲食店スタッフ同士で使用する業界用語で、お客様の前で使用することはありません。

由来は諸説あり「山の頂上に登るとその先は無いこと」「ヤマほど売れて売り切れた」からきているなどとも言われています。

ヤマになったメニューの注文を受けてしまうと、お客様に後からお断りする必要があるのでご注意を。

お断りする必要がないようシフトに入る際には、ヤマのメニューがないかを確認しておきましょう。

ハンディと呼ばれる注文機械では、メニューボタンを押すとヤマとわかるよう音が鳴ることが多いので、そうした点も事前に確認しておくと良いでしょう。

トレンチとは?

「トレンチ」とは言ってもコートではないですよ!
飲食店では、「(丸い)お盆」のことを「トレンチ」と呼びます。

トレンチの持ち方を簡単に

手のひらを広げトレンチを支えます。この際手のひらがべったりとつかないように。
肘は90度に。

料理やドリンクは、重いものは手前に置くようにするとバランスが取りやすいですよ。
提供するときは、膝を曲げて体全体を下げながら皿やグラスをテーブルに置くように。

コツを覚えると、移動中にドリンクをこぼすなどのトラブルを防げるとともに、一度にたくさんのグラスや皿をトレンチに乗せられるようになり、提供も片付けもスムーズにできますので徐々に慣れていきましょう。

兄貴・弟とは?

食品の管理に使われるのが「兄貴」という言葉。
飲食店において生鮮食品の管理は大変なこと。仕入れたものから使用しているといつまでも古い食材が残ってしまいます。
そんな時に使われるのがこの言葉。

兄貴とは「古い食材」という意味です。

古いものから使ってという会話がお客様に聞かれてしまっては大変。
「◎◎は、兄貴から使っていって!」といった会話が飛び交うこともあるかもしれません。

反対に新しい食材は「弟」と言います。

【次ページ】飲食店で使う業界用語 アイドルタイム・ダスター・カスター・シルバー・ラウンド・三番・サプライとは? >>

>この記事をはじめから読む