現金受取

こんにちは。飲食専門キャリアアドバイザーの上村です。
今回は転職時の給与アップ事情についてお話をします。

給与の伸び率に着目しよう

ご存知のとおり、どんなに経験のある方でも、「転職すれば給与が上がる」という時代ではありません。
入社後の活躍ぶり、実際の仕事ぶりをみて、試用期間終了後に給与をアップする、随時昇給する・・・というのが、飲食業界の雇用トレンドともいえるかもしれません。

たとえば月給23万円スタートだが、入社後能力次第で月給25万円、また以降の昇給もスピーディという【給与の伸び率】に注目することをオススメします。

逆に、入社時点で月給が高くても、それ以上の昇給スピードは遅いという場合もあり、結果的に年収が下がるという現象に陥ってしまうことも。

目先の給与よりも【給与の伸び率】に着目。これは大原則です!

自身のスキルを把握できているか

「30歳だから月給30万円はもらいたい」「前職で月給27万円もらっていたから、同じくらいもらいたい」というご相談もよくうけます。

例えば、「30歳だから月給30万円はもらいたい」という方、月給30万円といえば、一般的にいえば店長・料理長などの店舗運営の責任者クラスの給与になります。
基本的な業務ができるのはもちろん、スタッフをまとめる人間力やリーダーシップ、さらに店舗経営のスキルが求められます。

あなたは、上記のスキルを有していますか?

もちろん、これらを満たす自信のある方であれば、面接時に「入社時から月給30万円をほしい」と言っても全く問題ないと思います!

ですが、私の経験上、本当にスキルと自信がともなってっている方は、面接時に月給を求めるようなアピールはしません。
昨今の雇用情勢を把握した上で、客観的に自分のスキル・経験レベルを判断できており、入社後に、自分の給与を上げる自信があるからです。

ぜひ、給与の伸び率に着目して、お仕事探しをされてみてくださいね!

転職支援サービス