飲食業界向け、職務経歴書の書き方

経験をアピール!職務経歴書の書き方!

職務経歴書は、ご自身のこれまでの経験やキャリアを
アピールする文書です。採用担当者は、職務経歴書を見ながら、
面接で質問します。面接でしっかり自分をアピールできるようにしましょう♪

職務経歴書の基本
  • 履歴書よりはなるべく簡潔に、文字数を少なく。職務経歴書は、数字や具体例を入れて、しっかりと記入する。

  • 各勤務先での職務内容を、しっかりと文章に!

  • 職種ごとに、表記ポイントあり。詳しくは下記を参考にしてください。

職務経歴書のポイント
職務経歴書

拡大画像はこちら

経験をアピール!
  • 1行目中央に「学歴」と記入し、2行目から記載していく。
  • 中学校の卒業年月からでOK。
    大学は学部、学科も必ず記入する。
古い日付はNG!

日付は右上に小さく記入。提出日、または投函日の日付を入れる。 和暦(平成・昭和)で書くのが一般的。

分かりやすく!

太字や他より大きなフォントにして、中央揃えで真ん中に記入します。

ヌケもれ注意!

名前は日付より大きいフォントで作成。名前の横に印鑑を押すこともある。

数字や具体例を交えて!

就業先の企業名と、配属先の店舗名を記載。個人店でない限り、株式会社や有限会社を付け、正式な企業名を表記しましょう。また企業内で店舗の異動などがあった場合は、その経験もわかりやすく記載すれば、多業態での経験をアピールできます。

  • 【よくない例】
  • 居酒屋  入社
  • あいうえお 入社
  • レストランクック 入店
  • 【よい例】
  • 株式会社●● 入社 居酒屋●●へ配属
  • ●●株式会社 入社 レストラン●●へ配属
  •           ダイニング●●へ異動

また、【事業内容】【従業員数】【席数】【客単価】【雇用形態】【月給(時給)】 をしっかりと明記しましょう。

【客単価】は、お店の客単価を記載。ランチとディナーで違うお店では両方記入します。役職に就いていた方は【最終役職】も追加で明記。


正式名称で記載!

自分の保有資格、またPCスキルを記載。

  • ・第一種自動車免許
  • ・防火管理者
  • ・食品衛生責任者
  • ・英語に関する資格
  • ・WordやExcelのPCスキル

など、正式名称で記入しましょう。PCスキルは、どれくらいのレベルかを具体的に記述することも大切です。

数字や具体例を交えて!

これまでに身に付けた能力や経験をアピールする項目です。これまでの経験をどのように活かせるのか、入社したらどのように貢献できるのかを明記しましょう。

書いたら見直し!チェックリスト

職務経歴書を書いたら、必ず見直ししましょう!友人や家族などに見てもらって、指摘をもらうのも一つの手です。
採用担当者にご自身のキャリアや能力がしっかりアピールできているか。客観的な目線で見返してみましょう。

<チェックリスト>

  • 1.フォントは統一されているか?
  • 2.和暦で統一されているか?
  • 3.誤字・脱字はないか?
  • 4.箇条書きを使って、読みやすく構成されているか?
  • 5.自分のキャリアや能力がしっかりアピールできているか?