行き届いたサービスの提供~また来たい!と思ってもらうお店になるには ☆居酒屋業態でのサービスマナー研修を開催!

こんにちは、クックビズフードカレッジ事務局の中島です!

2018年11月11日(土)に、兵庫県の西宮北口を中心に飲食店を展開している、株式会社クワタ様(ふじやグループ)で、1年間にわたる研修の最終回として、サービスマナー研修を行いました。

「居酒屋ふじや」や「やきとり専門店 鳥半」などの飲食店を運営されている同社は、創業半世紀。
「幸せを大切にする経営」をポリシーとして、お客様・スタッフの笑顔のために様々な取り組みをされています。
その一環として、フードカレッジがスタッフ向け研修を年間通してお手伝いさせていただいています。

研修テーマは、「行き届いたサービスの提供~また来たい!と思ってもらうお店になるには」

今回の研修は、第2回・第3回の笑顔についてのテーマから一歩進んで、お客様にまた来たい!と思ってもらうお店になるには、具体的にどんなことをすればいいのかを学んでいただきました。
例えば一般的に、お客様が再来店される確率は、50%以下と言われています。ですからお客様が店舗に滞在される時間中に何ができるかを、目を配り、気を配って、心を配らなければ、「また来たい!」という気持ちにはなってくれません。
そのためにも、まずはお客様の様子をよく観察し、その様子から想像力を働かせ、お客様に喜んでもらうために何ができるかを考え、実際に声をかけ、行動することが大事だということをお伝えしました。
後半はお客様が実際に「あの飲食店にまた来たい!」と思われる接客エピソードをいくつか紹介し、自店舗でできる具体的なアクションを、ワークを通して考えていただきました。

同じ店舗で働く仲間と共通認識を持ち、目標に向かって行動していくことが、目標達成を可能に

ワークでは店舗別にテーブル配置をすることで、同じ店舗で働く仲間と自店舗で何ができるかを具体的に考えてもらいました。真剣さの中にも笑顔があり、良いディスカッションが行われていたと感じました。
発表の際は、みなさん体を使って一生懸命表現してくれました。
普段そろって会うことのないスタッフ全員での研修が、スタッフ同士の交流や結束の場にもなっているようです。
お客様の目線に立つ接客スキルが印象に残ったという感想が多く、今後の業務全体のスキルアップを期待できそうです。

受講者様の声をご紹介!

研修後のアンケートでは、「非常に満足(13名)」「満足(12名)」の合計、今後に「活いに生かせる」「活かせる」の合計とも90%を超えており、充実した研修であったことがわかります。
一部ご紹介させていただきます。

・心配りを実践したいと思った。
・全員参加の発表の研修は盛り上がります。
・とてもためになりました。
・今回の研修もためになりました。さっそく使っていきたいです。
・笑顔の大切さ、目配り・気配り・心配りの大切さを本当によく理解できました。

と、目配り・気配り・心配りの違いを学び、それぞれの大切さやどのように使うべきかが印象に残ったという参加者が多く、研修はお店ですぐ使える実践的な内容と捉えてもらえたことがうかがえます。
今回の研修で発表されたことを、ぜひ店舗ミーティングの議題に落とし込み、チーム全体の共有を図っていっていただければと思います。

—————————————————–
フードカレッジとは?
—————————————————–
「クックビズフードカレッジ」は、
飲食サービス業界特化の実戦型研修です。

・どんな研修があるのか、詳しく知りたい!
・うちにオススメの研修プランを教えてほしい!
と言う方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

▼お電話でのお問い合わせはこちら ※平日10-19時▼
0120-20-9912(フードカレッジ担当まで)

▼WEBからのお問い合わせはこちら ※24時間受付

クックビズフードカレッジ お問い合わせフォーム

▼フードカレッジ;サービス紹介ページ

クックビズフードカレッジ(フーカレ)

—————————————————–

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご相談もお待ちしております

0120-20-9912 受付時間 平日10:00〜19:00

先頭へ戻る