申し訳ございません。
ご希望の求人情報を発見できませんでした。
条件を選択して再検索をお願いします。

あなたへのオススメ求人

関連リンク

東京都

東京都の特徴

東京都は23区の特別区、多摩地域(市部と西多摩郡)、島嶼部(大島支庁・三宅支庁・八丈支庁・小笠原支庁)から構成されています。東京都庁は新宿区に、国会議事堂、内閣以下中央省庁、最高裁判所などは千代田区に置かれています。大手町~丸の内、霞が関、汐留、六本木にかけてのエリアは、オフィス街として大企業の本社や中央省庁が立地し、日本の経済・行政の中心地となっています。品川や新宿などもオフィスビルが立ち並んでいます。多摩地区は30の市町村の総称で、緑が多く子育て世代に人気のエリアです。

東京では、江戸前寿司、蕎麦、天ぷらなど、江戸時代から続く食文化があるため、老舗店も多く営業しています。首都ということもあり、国内外から多くの観光客が訪れており、2020年には世界的なイベントが開催されるため、さらに多くの人々でにぎわうことが予想されます。

東京都の給与事情

東京都の2018年度の最低賃金は時給985円と、首都ということもあり国内で最高額となります。2020年には世界的なイベントが開催されるため、飲食店舗も忙しくなることが予想されます。同時にスタッフ募集を行う店舗や企業も増え、より良い時給・条件をすることで、確実にスタッフ確保をめざしていくことが想定されます。

東京都の人気の市町村

新橋、渋谷、東京・有楽町・銀座、新宿駅周辺など、飲食店舗の多いエリアが人気です。店舗が多い=求人の選択肢も広がるのがポイント!そして、店舗や企業にとっては「ライバル」が多くなるので、より良い条件・お給料を提示していく傾向にもあります。また、恵比寿や表参道などのおしゃれエリアも人気です。

人気のエリアは、いずれもJRをはじめ東京メトロや都営地下鉄、私鉄など複数沿線が乗り入れるターミナル駅や、ターミナル駅に近いため、さまざまな沿線からのアクセスが可能!通勤しやすい!というメリットもあります。

主婦・主夫の方は昼間のスキマ時間に、学生さんやWワークの方は夕方からなど、働く時間帯や勤務時間・曜日などをチェックして、あなたらしく働けるアルバイトを見つけてくださいね。

製菓・パティシエ

メリット・特徴

パティシエは、ケーキやタルトなどの生菓子、クッキーなどの焼き菓子、プリンやゼリーなど、洋菓子づくりをする人の呼び名です。パティスリー(洋菓子店)での勤務だけではなく、レストランやカフェ、ホテルや婚礼会場、洋菓子工場などが主な活躍の場となります。

製菓づくりはとても夢のある仕事です。ただし、小麦粉や砂糖など重いものを運んだり、クリームの泡立てなど、力仕事も多くあります。材料の計量、仕込み、成形、焼成、仕上げというように、お菓子ができるまでにはたくさんの作業工程が必要となります。アルバイトスタッフの場合は、すべての工程を任せられることは少なく、計量など簡単な作業になることがほとんど。そのため、未経験の方もチャレンジ可能です。

こんな人が向いている

ケーキなどの甘い香りにつつまれた環境で仕事をするため「甘いものが好き」というスイーツ愛を持った方が第一条件になると思います。
アルバイトの場合、材料の計量などといった作業をまかせられることがほとんど。特別な技術は必要ありませんが、1グラムの狂いが仕上がりに影響してきますので、「正確さ」が求められます。小麦粉や砂糖など重いものを運ぶなどの「力仕事」もあります。

アルバイトスタッフにもいろんな工程をまかせていく!というスタンスの勤務先の場合は「つくる」という作業に挑戦できる可能性もあります。将来、パティシエとして活躍したい!という方は、夢実現の第一歩として働いてみるのもおすすめです。

こんな仕事があります

各種メディアで話題の人気パティスリー、有名洋菓子チェーン、ホテルやゲストハウス、カフェなどでパティシエを募集しています。クッキーなどの焼き菓子、プリンやゼリーなど、勤務先によってつくるものは多種多様です。

アルバイトのパティシエ募集は、計量や簡単な作業からスタートできることが多いので、未経験者の方もチャレンジしやすいのがポイント!慣れてきたらいろんな作業をまかせてもらえるお店や企業もありますよ!

「パティシエにあこがれている!」という方は、アルバイトから始めてみませんか。お仕事をしていくうちに「もっと本格的にやってみたい」という方は、アルバイトを第一ステップにして、正社員をめざすのもよさそうですね。